2019年12月30日

明日は年越しチャットになります!一緒にカウントダウンしませんか?

DE785C3F-95FC-46C5-AF56-3AFDBC1B7B20.png

。・☆31日()大晦日〜元旦はカウントダウンチャットです★・。
31日23:00〜24:30の予定です。
              
なかなかリアルでは出会えない同病者と、悩みをシェアしたり雑談したりするいい機会になれればです♪ 今年経験した、この病気独特な思い出を振り返ったり、来年に向けた抱負を共有するのも、同病仲間と一緒だったら、より深く楽しい時間になるんじゃないかと思います^^
チャットデーでは、事務局員も参加しますので、どうかこの機会にお気軽に覗いで行って下さい(^^) 参加もロムも大歓迎です♪


関東ウエーブの会HPの「チャット」ボタンをクリックすると「チャット待ち合わせ掲示板」に移ります。「チャット待ち合わせ掲示板」の「チャット」ボタンをさらにクリックするとチャット室に入ります。


チャット室のリンクです→
http://bipolar.ac/kanto/chat/perlchat/


チャット室はチャットデー以外の時間も自由にご利用できます。ただし健康(躁転防止)のため、深夜(22時〜朝6時)のご利用はお控えください。

-事務局員 りさ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月29日

明日は11月チャットデー

秋.png


毎月最終土曜日開催の、関東ウェーブの会チャットデーは明日になりますね。


11月30日土曜日

20:00〜22:00


チャットルーム

 http://bipolar.ac/kanto/chat/perlchat/


 にてお待ちしておりますので、お気軽にご参加ください。

 他の場では話しにくい、私たちが共通に抱えている躁うつ病に関わることから日常のことまで、なんでも気軽におしゃべりしています。


関東ウェーブのチャットは、常連さんだけで勝手に盛り上がっていて初参加の人は置いてけぼり、なんてことはありません。

いちげんさんやチャット初心者の方も大歓迎ですので、お気軽にご参加ください。

事務局員も参加していますので、安心してお楽しみいただけます。

 もちろん途中参加や途中退場、ROMで見物だけでもO.K.です。


ちなみに、例えば今までのチャットデーでどんな話題が出たかについては、

チャット待ち合わせ掲示板、に載せてありますので、是非ご参考に。

http://bipolar.ac/kanto/chatwait/joyful.cgi


それでは皆さん、ぜひ奮ってご参加ください!


  チャットルームは、チャットデー以外の時間も自由にご利用できます。

     ただし健康(躁転防止)のため、深夜(22時〜朝6時)のご利用はお控えください

ファイア

posted by 徒然 at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月27日

。・☆2019年度(第7回)運営交流会に是非ご参加を☆・。

 12月7日土曜日、2019年度(第7回)運営交流会を開くことになりました。

 運営交流会は、関東ウェーブの会が過去大きな運営の節目に行なってきて、会員制になってからは毎年開催してきました。

 今回の運営交流会では、大きくは社会参加(就労)の捉え方の時代的変化、それに対しての会のスタンスについて皆さんのご意見をお聞きする趣旨で開きたいと考えています。

 会が始まった当初の2006年からの13年間、社会参加の捉え方が大きく変わってきました。

 働くことが困難な場合、自宅療養をしながらデイケアや作業所に通うということが主流だったのが、ここ数年就労移行支援が普及し、社会の受け皿が整わないまま社会参加=経済的自立という圧力が強くなってきたように思えます。

 そのような風潮の変化の中で、関東ウェーブの会の根底理念である「すべての躁うつ病者に開かれた排除のない会」を貫いて、(特に今は就労問題に焦点を当てながら)様々な困難を抱えた躁うつ病者が気軽に集える場所であり続けたいと考えています。

運営交流会の進行構成としては
1.会の基本理念について皆さんと話し合った上で
2.就労の捉え方が変わってきた社会的背景を踏まえ(※去年の運営交流会で取り上げた障害者権利条約のおさらいも含みます)、
3.具体的には就労問題を会の会則の前文(会の精神についての箇所)の中で焦点を当てることを検討していることについてご意見をいただきたいです。

(以下、1.の会の理念にあたる運営交流会の資料の一つとなりますので是非ご参照下さい:
 http://www.bipolar.ac/kanto/report/data/archive/powerofselfhelpgroup.pdf
 東京ボランティア・市民活動センター発行
 セルフヘルプという力より)

 前文の内容については6月の総会から始まった議論の続きになリますが、結論は来年度の総会までということになるので、今回は結論を出すという目的ではなく自由にご意見を募る形になります。

社会参加の捉え方は皆さんに共通するテーマであると思いますし、できるだけ多くの皆さんの声を取り入れながら会の方向性を作っていきたいので皆様のご意見、ご参加お待ちしております。新しい方も大歓迎です!

☆彡いつもの例会と同じ東京都障害者福祉会館和室ABで行います。14時〜17時の予定です。参加費無料です。
 申し込みはこちらから→ http://bipolar.ac/kanto/enterfor-mail/

関東ウェーブの会 事務局
                                                                にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
             kantowavepic.png
                                                                にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

posted by 徒然 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月23日

だから、君が欲しい(もう耐えられない)



ビートルズの最後のアルバム「アビーロード」から二曲訳しました。このアルバムを聴くとほぼ毎回泣いてしまいます。あーもう解散してまうんだなって悲しくなってしまって;; だから聴くのが苦手です(笑)

一つ目の、「だから」(Because)ほど美しい曲はこの世にないと思います。ビートルズはハーモニーで有名かと思いますが、こんなハーモニーあるかってぐらい;; ほんとに消沈しそう。ベートーベンのシンフォニーを逆に弾いているそうです。

二つ目の「君が欲しい(もう耐えられない)」I Want You (She's So Heavy)は上の曲と同じバンドか?!ってぐらいメタリックでムードが違いますね。メタリックサウンドの先駆者でしょう。13歳で最初聴いてた頃はよく理解できなくて好きじゃなかったですけどね。これもまた消沈です。

調子が良いとビートルズ中毒になってしまいます。 りさ



だから
ビートルズ

地球の形が完璧すぎて
身体が逝ってしまいそう
丸いから

風が高く吹きすぎて
頭が逝ってしまいそう
高いから

愛は最も古く、最も新鮮
愛こそがすべてで、君が僕のすべて

空が青すぎて
涙が溢れてくる
青いから

[Verse 1]
Because the world is round it turns me on
Because the world is round

[Verse 2]
Because the wind is high it blows my mind
Because the wind is high

[Bridge]
Love is old, love is new
Love is all, love is you

[Verse 3]
Because the sky is blue, it makes me cry
Because the sky is blue


  
君が欲しい(もう耐えられない)
ビートルズ

君が欲しくてたまらなくて
気が狂いそう

君の存在がズンと来て
耐えられない

I Want You (She’s So Heavy) Lyrics
[Verse]
I want you
I want you so bad
I want you
I want you so bad, it's driving me mad
It's driving me mad
I want you
I want you so bad
I want you
I want you so bad, it's driving me mad
It's driving me...

I want you
I want you so bad, baby
I want you
I want you so bad, it's driving me mad
It's driving me mad

I want you
I want you so bad
I want you
I want you so bad, it's driving me mad
It's driving me...

[Chorus]
She's so...
Heavy
Heavy (heavy)

posted by 徒然 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月21日

泣きなさい


またホワイトアルバムからの一曲を訳しました。ジョンは自分の歌でありながらも出来が大嫌いだったそうですが、私は個人的にこのアルバムの中で一番好きってぐらい好きです。

最後のポールのリフ(かっこに入っている部分)がグッとくるのなんの。

子供の頃に戻って思いっきり泣きたい気持ちも、生まれる前に戻ってしまいたい気持ちもよく分かります。というか子供帰りしたことあるし笑 お母さんには本当に迷惑かけました。

りさ

泣きなさい ビートルズ

まだ泣くの
お母さんがため息ついているよ
でも彼女ももう子供じゃないから・・・

マリーゴールドに住む王様は
女王様の朝ご飯をキッチンで作っていた
女王様は客間で子供たちのために
ピアノを弾いてた。

まだ泣くの
お母さんがため息ついているよ
でも彼女ももう子供じゃないから
思う存分泣きなさい

遊びに来た友達のために
王様はお庭で花を摘んでいた
女王様は子供たちの休日前に
子供部屋で伸び伸びと絵を描いていた

まだ泣くの
お母さんがため息ついてるよ
でも彼女ももう子供じゃないから
気兼ねなく泣きなさい

カーコディの公爵夫人は照れ笑いしながら
いつもお茶の時間に遅れて来た
その頃公爵は子供たちに
性についてどう説明しようか悩んでいた

まだ泣くの
お母さんがため息ついているよ
でも彼女ももう子供じゃないから
気の済むまで泣きなさい

お昼頃にテーブルに集まって
こっくりさんでもしようか
子供たちがいたずら心に
おばけの真似声しているよ

まだ泣くの
お母さんがため息ついてるよ
でも彼女はもう大人だから大丈夫
子供の内に泣いておきなさい

(私の生まれたとこに返して
 生まれる前に帰りたい
 私の生まれたとこに返して
 お願いだから
 戻らさせてくれない?)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

Cry, Baby, Cry
The Beatles

[Intro]
Cry baby cry
Make your mother sigh
She's old enough to know better

[Verse 1]
The king of Marigold was in the kitchen
Cooking breakfast for the queen
The queen was in the parlour
Playing piano for the children of the king

[Chorus]
Cry baby cry
Make your mother sigh
She's old enough to know better
So cry baby cry

[Verse 2]
The king was in the garden
Picking flowers for a friend who came to play
The queen was in the playroom
Painting pictures for the children's holiday

[Chorus]
Cry baby cry
Make your mother sigh
She's old enough to know better
So cry baby cry

[Verse 3]
The duchess of Kircaldy always smiling
And arriving late for tea
The duke was having problems
With a message at the local Bird and Bee

[Chorus]
Cry baby cry
Make your mother sigh
She's old enough to know better
So cry baby cry

[Verse 4]
At twelve o'clock a meeting round the table
For a seance in the dark
With voices out of nowhere
Put on specially by the children for a lark

[Chorus]
Cry baby cry
Make your mother sigh
She's old enough to know better
So cry baby cry

[Outro]
Can you take me back where I came from
Can you take me back
Can you take me back where I came from
Brother, can you take me back
Can you take me back
Mm, can you take me where I came from
Can you take me back
posted by 徒然 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月20日

我々のブルース


ジョンの、まんま自殺願望の歌です。その時は本音だった、と言っていたそうです。

ちなみに「ディランの歌ったジョーンズ」はボブディランの歌「ballad of a thin man」のことで、自殺した(?)ブライアンジョーンズから来ているとも言われてますが、事実は定かじゃないです。少なくともジョンはそういうレファレンスで歌ってるのでしょうね。

ホワイトアルバムに入っていますが、大好きな歌です。ビートルズはホワイトアルバムだけでも、カントリー、ブルース、ヘビメタ、ビーボップ、等ほぼすべてのジャンルを網羅しててほんとすごいアルバムだなぁと思います。

(ちなみに椎名林檎がこれをカバーしているのですが、ユーチューブで見つかりません涙 残念。すごい良いカバーです。)

(あとタイトルは昔の「your」(あなた、者)という表現を使っているのですが、generation of yer(君たちの世代)のように複数形で使うこともあるので、あえて我々にしました。まぁあんま正しくないですけどそういう気持ちで聞いてますw)

では訳です:

我々のブルース
ビートルズ

せーの・・・

そう、もう孤独で
死んじまいたい
そう、もう孤独で
死んじまいたい
未だに死んでないのは
君のためぐらい

朝にも
死にたいし
夜にも
死にたくなる
今心が死んでなかったとしたら
君のおかげだよ

空みたいに広い心のお袋で
大地みたいに腹が据わった親父だった
でも私は宇宙に身を任せることになるみたいだ
ここに残る価値がないから

孤独で
死にたい
未だに死んでない理由は・・・
言わなくても分かるだろ?

死んだら鷲が目をかっぽじって
みみずが美味しく骨をいただくだろう
もう希死念慮がひどくて
ディランが歌ったジョーンズのよう

孤独で
死にたい
未だに死んでないのは・・・
もう察してくれるよね

暗黒の雲が頭をよぎって
魂には青い霧がかかって
もう自殺したくて
口から出るロックさえ信じられない

死にたい
そう、死んじまいたい
まだ生きてるのは
君のためぐらい

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

Yer Blues
by The Beatles

[Intro]
Two, three...

[Chorus]
Yes, I'm lonely
Want to die
Yes, I'm lonely
Want to die
If I ain't dead already, hoo
Girl, you know the reason why

[Verse 1]
In the morning
Want to die
In the evening
Want to die
If I ain't dead already, hoo
Girl, you know the reason why

My mother was of the sky
My father was of the earth
But I am of the universe
And you know what it's worth

[Chorus]
I'm lonely
Want to die
If I ain't dead already, hoo
Girl, you know the reason why

The eagle picks my eye
The worm he licks my bones
I feel so suicidal
Just like Dylan's Mr. Jones

[Chorus]
Lonely
Want to die
If I ain't dead already, woo
Girl, you know the reason why

[Verse 3]
Black cloud crossed my mind
Blue mist round my soul
Feel so suicidal
Even hate my rock and roll

[Chorus]
Want to die
Yeah, want to die
If I ain't dead already, woo
Girl, you know the reason why
posted by 徒然 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月18日

どうやって?


ジョンレノンの「How?」を訳してみました。うつの時の迷いをシンプルな言葉とシンプルなメロディで率直に表していて、心打たれます。

「どうしよう、どうしよう」と訳した部分は「Oh, no」(オー、ノー)と言っているのですが、奥さんのオノヨーコにちなんでいるのかなぁと前から思っていました笑

イマジンのアルバムに入っています。イマジンもいいですが、こちらは隠れた名作だと思います。

りさ

では訳詞です:

どうやって ジョンレノン

どちらに向けば良いか分からない時にどうやって前に進めるの?
どちらに曲がればいいか分からないのにどうやって前に進めるの?
未知の世界へとどうやって飛び込んでいけばいいと言うの?
どうしよう、どうしよう

何を感じているか分からない時にどうやって感情を覚えるの?
気持ちを抱けないのにどうやって気持ちを込めろと言うの?
気持ちをずっと否定されてきたのに感じ方がどうやって分かるというの?
どうしよう、どうしよう

ねぇ、人生って長期戦で
強くいなさいと言うけど
世間は冷たくて
時々もう耐えられなくなるんだ

愛とは何か分からないのにどうやって捧げればいいの?
示し方が分からないのにどうやって愛を与えればいいの?
愛されたことがないのにどうやって愛せと言うの?
どうしよう、どうしよう

ねぇ、人生って長期戦で
強くいなさいと言うけど
世間は冷たくて
時々もう耐えられなくなるんだ

あなたは方向が分からない時にどうやって前に進むの?
あなたも曲がり角に立った時にどうやって前に進むの?
知らない世界へどうやって飛び込んでいくの?
どうしていこう、どうしていこうか

How
John Lennon

How can I go forward when I don't know which way I'm facing
How can I go forward when I don't know which way to turn
How can I go forward into something I'm not sure of
Oh no, oh no

How can I have feeling when I don't know if it's a feeling
How can I feel something if I just don't know how to feel
How can I have feelings when my feelings have always been denied
Oh no, oh no

You know life can be long
And you got to be so strong
And the world is so tough
Sometimes I feel I've had enough

How can I give love when I don't know what it is I'm giving
How can I give love when I just don't know how to give
How can I give love when love is something I never had
Oh no, oh no

You know life can be long
And you got to be so strong
And the world is tough
Sometimes I feel I've had enough

How can we go forward when we don't know which way we're facing
How can we go forward when we don't know which way to turn
How can we go forward into something we're not sure of
Oh no, oh no



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
続きを読む
posted by 徒然 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月17日

戦争の首謀者たちよ


前から訳したかったボブディランの「Masters of War」になります。迫力があって、聞くたびにその迫力の中に吸い込まれてしまいます。こういう怒りを率直にかつセンス良く表現できる人間になりたいですね。是非お聞きして欲しいです^^

りさ

訳になります:

戦争の首謀者たち
  
戦争の首謀者たちよ
巨大な銃や爆弾を作りながらも
壁の裏に隠れているが
お前たちの本性は分かっている
 
破壊する以外に知らない者たちよ
手の中でころがすおもちゃのように
私の世界で遊んでいる
私の手に銃を授けて
私から目を背け
実際銃が飛び交う時には
真っ先に逃げ出していく

裏切り者のユダのように
嘘をつきだまくらかし
世界戦争は勝てるんだと
私に信じなさいとでも
だけどお前なんか見抜ける
お前の脳の中を見通せる
排水溝を流れる
汚い水のように

青年が打つ銃のトリガーを
他人事のように設置し
死者数が登っていくのを
ふんぞり返って眺めている
若者たちの血があふれ
泥の中に沈んでいきながらも
お高いマンションに身を潜めている

一番すさまじい恐怖を投げつけてきた
この世に子供を産むことさえ不安に思わせる恐怖
まだ名のない私の子の命を脅かすお前
血管に血を流すことさえ価値のない人間だ

こんな私が反発する権利はあるのかと言うだろう
私が若くて無教育だと
でも唯一自信を持って言える
私はお前より若いけど言える
イエス様さえお前を許すことはないだろう

一つ質問に答えてくれ
そんなに金が先に来るのはなぜか
許しを買うことはできるのか
可能だとさえ抜かしてるのか
お前の命が尽きる時、やっと気づくだろう
いくら大金を持っていても
魂を買い戻すことができないことを

そしてお前が死ぬことを願う
その死が早く来ることを願う
その日、よどんだ空の午後
お前の棺桶をゆっくり追って
穴に降ろされるのをじっくり見届け
墓に埋まったお前を見下ろす
死んだことをしっかり確認するまで

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

Masters of War

Come, you masters of war
You that build the big guns
You that build the death planes
You that build all the bombs
You that hide behind walls
You that hide behind desks
I just want you to know
I can see through your masks

You that never done nothing
But build to destroy
You play with my world
Like it’s your little toy
You put a gun in my hand
And you hide from my eyes
And you turn and run farther
When the fast bullets fly

Like Judas of old
You lie and deceive
A world war can be won
You want me to believe
But I see through your eyes
And I see through your brain
Like I see through the water
That runs down my drai 
  
You fasten all the triggers
For the others to fire
Then you set back and watch
While the death count gets higher
You hide in your mansion
While the young people’s blood
Flows out of their bodies
And is buried in the mud

You’ve thrown the worst fear
That can ever be hurled
Fear to bring children
Into the world
For threatening my baby
Unborn and unnamed
You ain't worth the blood
That runs in your veins

How much do I know
To talk out of turn
You might say that I’m young
You might say I’m unlearned
But there’s one thing I know
Though I’m younger than you
That even Jesus would never
Forgive what you do
Let me ask you one question
Is your money that good
Will it buy you forgiveness
Do you think that it could
I think you will find
When your death takes its toll
All the money you made
Will never buy back your soul

And I hope that you die
And your death will come soon
I will follow your casket
By the pale afternoon
And I’ll watch while you’re lowered
Down to your deathbed
And I’ll stand over your grave
'Til I’m sure that you’re dead
posted by 徒然 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月26日

今チャットデーやってます!

IMG_0567.PNG


今晩10月26日土曜日

20:00〜22:00


チャットルームにてお待ちしております。

 http://bipolar.ac/kanto/chat/perlchat/



 「関東ウェーブって掲示板はあるけど、リアルタイムに話すとどんな感じの人たちなんだろう?」ていういちげんさん、「チャットってやったことないから話やスピードについていけるか不安」ていう初心者さん、この日は事務局員も参加してサポートしますので、そこは安心。

 もちろん途中参加や途中退場、ROMで様子見ながら見物でも構いません。


ちなみにチャット待ち合わせ掲示板には、今までのチャットデーで話した話題なども載せてありますので、ご参考に。

http://bipolar.ac/kanto/chatwait/joyful.cgi


 それではみなさんどうかお気軽にご参加ください。


   ※ チャットルームは、チャットデー以外の時間も自由にご利用できます。

            ただし健康(躁転防止)のため、深夜(22時〜朝6時)のご利用はお控えください


事務局員 りさ

posted by 徒然 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月28日

最近の絵とダニエルの死

こんにちは。

最近の絵を載せますね。

11C53AD8-79D4-4A25-9332-751131644300.jpeg

1B7CD752-01D6-43B1-B140-D063C135516C.jpeg

3A2338A7-8E30-4693-A434-6385CB1CD1D1.jpeg

上の三つはコメントでご指摘あった通り前記事にしたのですが消えたみたいですね!ありがとうございました、言われないと気づきませんでした。

336B1D50-99FB-425E-8BA6-121DF0DB990A.jpeg

47BDC403-9A98-4A33-AE9F-72D3E9484FC1.jpeg

上の二つは昨日描いた絵です。

ダニエルジョンストンという躁うつアーティストが9月10日に亡くなったのですが、ずっとそれが心に引っかかっています。ダニエルのことはこの徒然ブログの検索欄から検索すれば過去記事がいくつもあるはずです。

ビートルズに大きな影響を受けているということで、ビートルズ仕様の絵を描いてみました。というかビートルズの歌詞が乗っている笑 あと "Danny's eye"っていうのはダニエルが絵よく使うモチーフです。

ダニエルはいわゆるアウトサイダーアーティスト(精神疾患を抱えているアーティストに向けて使う表現でもありますが、他にも一般的なアートとはその時代にはまだ認識されにくいマイナーアートという意味合いもあります)という風に言われていますが、かの躁うつアーティストのゴッホのように100年後とかにその良さは理解されるのだろうなというのを本で読みました。

最近はダニエルが私に乗り移ったかのようなハイになっています。上手く説明できないのですが・・・。

というのも彼が亡くなった10日に彼のカセットテープセットがうちに届いたという不思議な偶然がありまして。

47A5D777-77D5-41FE-A513-CD1943E1AC5B.jpeg

ちなみに彼についてもっと知りたい方はドキュメンタリー「悪魔とダニエルジョンストン」を是非観て下さい!あまり彼の音楽や絵が取っつきやすく感じられなくても、同病者としての苦悩はきっと共感できるはずです。

BD25021A-0E87-4706-BB9F-4A70217D0434.jpeg

53182A36-0BD5-4393-8F79-D79428EBF731.jpeg

最近運動しているからそれもあるんでしょうけどハイになって昨日本棚の片側にする予定だった板に大きな絵の下書きを描いてしまいました。

9F4C5B16-7FE1-46D7-BB7D-D9204C4424FD.jpeg

見えづらいですが汗

私はこういうくるくると手を勝手に動かして絵を描き始めることが多いのですが、激躁の時はこっくりさんのように本当に手が勝手に動いている時があるんですよね。今回はダニエルの亡霊だったりして笑 なんて。

2ADD14B3-B678-4447-9445-FD7C65669BAE.jpeg

ダニエルのシャツも毎日のように着ています。

画像ばかりの記事で失礼しました。

是非ダニエルをチェックしてみて下さい!! ではでは。

りさ

続きを読む
posted by 徒然 at 11:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記