2017年06月27日

関東ウエーブのツイッターアカウント、出来ました!

kantotwitter.png

関東ウエーブの、ツイッターオフィシャルアカウントが出来ました!


@kantowave

今後の告知や、会についての色々、スタッフのつぶやきなどをアップしていきます^^

どうかチェック&フォローを!(^▽^)


りさ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月25日

19歳の私がくれた夢

hamstercafe.png



 掲示板の方で、本当の自分と病気(闘病)している自分の境目、つまり自分ってどこにあるの?のような、例会でもよく出てくる、とても普遍的ですてきなお話しに参加させていただきました。

 結局自分にとって大事なことって、小さい幸せとか、たわいのないことだったりして、病気で人生のブレーキを(強制的にですが^^;)かけられて、それがやっと気づけた、そんな想いについてでした。

 私のことで言えば(上手いこと言っちゃうけど笑)そんな大事なことに目を向けられるのは、(心も含めた)余裕があってのことで、みんなといると、一時でも実際そんな解放感があるわけだし、みんなを鏡として、つながりをもって、否定の塊だった自分を徐々に解放できてきたように思えるから、ありがたい限りです。

 そんなお話しから一気に飛ぶようで、関係があるのですが、19歳躁転の時に、私は躁ながら、素朴な夢を抱きました。

 ハムスターカフェを経営したい!ということです。

 いいですか、ここからは企業秘密ですよ←

 猫カフェとかは、猫ちゃんとふれあいながらゆったりするのが楽しみだと思うけど、私の考えたハムスターカフェは、あくまでハムスター観賞カフェです!だけど、熱帯魚とかと違って、かなりダイナミックな感じ。

 (以下グーグル画像から拝借)

 hamstertunnel.jpg

hamstertunnel2.jpg


(以下はかなり昔だけど、今でもうちで使ってるハムスター用トンネル)

tunneloldpic.jpg


 これを、確かディズニーランドのショップかカフェかなんかで、機関車のレールがお店を行き来している感じで、トンネルをいっぱい巡らせるんです!(一番上のアイディア図参照笑 画像、クリックすると大きくなります!) そしたらハムスターも人に触れられるストレスないし、お茶しながらハムちゃんの色々な姿を堪能できるのです。

 って言ったって、夢にすぎないので、ハムちゃんが喧嘩しちゃったら、とか大体こんなトンネルだらけだったら落ち着いてお茶できるかい、という突っ込みどころ満載ですが、19歳の躁転が終わったあとも、ハムちゃんをいっぱい大きい空間でのびのびと冒険させて暮らさせて、かつそこでのんびりと友達とお茶するという構図が頭から離れませんでした。

 結局、今は心の余裕がなくてひきこもりがちだから、一番切望するものは(トンネルだからに・・)つながりなんだと思います。友達とゆっくりお茶したり、大きい共同スペースで住処を作ってハムちゃんに囲まれる、そんな余裕。

 これが出来たら、ああ、本望だなと思うのです。

 でもそれができるような状態は、闘病もそうだけど、切り開いていかないといけないから、夢は夢として、現実でこつこつ、毎日を乗り切っていきたいです。

 色々書いたけど、結局はただハムスターカフェのこと書きたかっただけという笑 企業機密だからねー笑

りさ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 22:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

ハムちゃんズ近況

ハムスター近況です^^!

今日の写真や動画をご紹介。

daddyclimbiggirlscage.JPG

こちらはダディ(みんなのお父さん)の散歩風景。男の子たち(ダディの息子たち)も同じなんだけど、女の子部屋が気になっちゃってその上に登ったり周りをうろうろするのがルーティンになっています笑



こちら息子たち、女の子の小屋の上をちょろちょろです。 (ナレーション付きw)

girlspic0625.JPG

おりで飼っているので、クリアな写真がなかなか取れないのですが、女の子の食事風景を案外うまく取れました!


daddyandgirls.JPG

これはおりをはさんでダディと女の子たちのちょいと芸術的な写真。ひま種も落ちている笑


女の子たちの食事風景の動画です。(またまたナレーション付き) ダディが散歩中だったので、ちょろっと出演しております。


そんな感じです。次の記事もハムスター関連笑 ではでは!

りさ






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ


posted by 徒然 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月24日

そろそろ関東ウエーブの会チャットデーです♪

welcomehamsterjune2017.png

。・☆6月チャットデーは24日(土曜日)20:00〜22:00の予定です。是非ご参加を!

なかなかリアルでは出会えない同病者と、悩みをシェアしたり雑談したりするいい機会になれればです♪ チャットデーでは、スタッフも参加しますので、どうかこの機会にお気軽に覗いで行って下さい(^^) 参加もロムも大歓迎です♪


関東ウエーブの会HPの「チャット」ボタンをクリックすると「チャット待ち合わせ掲示板」に移ります。「チャット待ち合わせ掲示板」の「チャット」ボタンをさらにクリックするとチャット室に入ります。
チャット室のリンクです→
http://bipolar.ac/kanto/chat/perlchat/


チャット室はチャットデー以外の時間も自由にご利用できます。ただし健康(躁転防止)のため、深夜(22時〜朝6時)のご利用はお控えください。

                                    スタッフ会議

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

posted by 徒然 at 19:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

外の顔

通院日。先生に掲示板に書いた躁うつ混合の苦しいの書いてるの見せようと思う。

今の服薬は、一番合ってるけど、それでも限界があって、不安定。

先生と頑張ってこの処方に行き着いたのに、先生を残念に思わせたくないから、つい実際対面すると、〜それでもこれは一番辛い時に書いたもので〜今一番合っているのには変わりないから〜元気を装ってしまう。

人に嫌われたくないし、残念に思わせたくないし、いいかっこしいいし、見栄っ張り。治療面としても、正直でないとほんと前進しないんだから、良くないけど、つい「外の顔」を作っちゃう。

昨日の夜は混合で寝れず苦しくメジャー飲んで今薬残っててなんとも言えなくだるくてしんどい。このどんよりが私の「内の顔」。先生に見せられるかな。

りさ

posted by 徒然 at 12:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月23日

明日(24日土曜)の関東ウエーブチャットデーにご参加を!

welcomehamsterjune2017.png

。・☆明日6月チャットデーは24日(土曜日)20:00〜22:00の予定です。是非ご参加を!

なかなかリアルでは出会えない同病者と、悩みをシェアしたり雑談したりするいい機会になれればです♪ チャットデーでは、スタッフも参加しますので、どうかこの機会にお気軽に覗いで行って下さい(^^) 参加もロムも大歓迎です♪


関東ウエーブの会HPの「チャット」ボタンをクリックすると「チャット待ち合わせ掲示板」に移ります。「チャット待ち合わせ掲示板」の「チャット」ボタンをさらにクリックするとチャット室に入ります。
チャット室のリンクです→
http://bipolar.ac/kanto/chat/perlchat/


チャット室はチャットデー以外の時間も自由にご利用できます。ただし健康(躁転防止)のため、深夜(22時〜朝6時)のご利用はお控えください。

                                    スタッフ会議

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

posted by 徒然 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月17日

ハムちゃんズの朝ごはん

こんにちは。

今朝のハムちゃんズの朝ごはんの様子です。メニューはスクランブルエッグ、サニーレタス、きゅうり、にぼしです。とくに8匹いる女の子部屋は、一緒に食べるから迫力あるし、ペロリとなくなります!

IMG_0225.JPG



りさ



posted by 徒然 at 11:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月12日

じゃがいもの花(詩)byエルダー

jyagaimowhite.jpg


 りさと私が関東ウエーブで出会ってちょうど7年になりました。
 りさと私にとって、一番きれいな花はじゃがいもの花です。記念に詩でやりとりをしてみました。(りさの日本語訳つき)

   りさへの返答です。


Yes,the rose is very beautiful.

 It may possibly be the most beautiful flower in the world.
 But alas, it's beauty is merely artificial.

Humans have worked on artificialy improving the rose for more than 400 years.
People have also been improving the potato for over 500 years.
 But people never thought to artificially improve the potato's flower.

 And so the beauty of the potato's flower is natural.

When humans see a potato farm,they think of eating. They don't see the flower.
I don't know if Pooh-san has ever eaten potatoes or seen potato flowers...

 But the beauty of the potato flower is the same as yours.

そう、バラはとても美しい。
もしかして、世の中で一番美しい花かもしれない。
でも、その美しさは上辺のものにすぎない。

人は、バラの美しさを人工的に進化させようと400年も研究を重ねてきた。
人は、じゃがいもがよりなるようにと同じく長い年月をかけてきた。

でも、じゃがいもの花を人工的に美しくしようと、人は思いもしなかった。だから、じゃがいもの花の美しさはありのままの美しさだ。

じゃがいも畑を見る時、人はじゃがいもを食べることしか考えない。お花には目がいかない。

プーさんがじゃがいもを食べたり、じゃがいものお花を見たことがあるかは知らないけど・・・
君は、じゃがいもの花のように美しい。

‐Elder Mope

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 17:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

じゃがいもの花(詩)byりさ



jyagaimopurple.jpg




エルダーと私が関東ウエーブで出会ってちょうど7年になりました。

エルダーと私にとって、一番きれいなお花はじゃがいもの花です。ラブポエムと言いますか、記念に詩でやりとりをしてみました。(私のつたない日本語訳つき)

まずは私から。


growing blue

i was blue,
 in the winter times,

when i found a rose,
 in a potatoe farm.

(you can eat a potatoe
 but not a rose.)

I was blue, ever so blue.

i found Pooh-san
 alone, who said:

"my toes grow cold, the more it snows!"

Nasu-bi is blue,
 in the spring time.

But my heart sprouts yellow
 (with you!)

ブルーがなる

私は冬時
ブルーになった

ふと、じゃがいも畑に
バラを見つけた

(いもは食べれても
 バラは食べれない・・・。)

ああ、ブルーがなった、立派になった!

ふと、一匹佇むプーさんに会った
彼はこう言った
「雪が降るほど、指が青くなる!」

春先には、
なすびは青くなるけど

あなたといると、
心は黄色く花咲くの!

‐りさ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 17:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月06日

ディキンソンの詩を訳すF


久々に、エミリーデイキンソンの詩を訳します!
久しぶりなので、最初にアップした記事(http://bipolar.sblo.jp/article/179767042.html)からディキンソンのことなど、概要を引用します:


「ディキンソンは生涯ひきこもりだったそうで、物理的に色んなところに行ったりしなくても内面の世界を広げられるんだなと希望をもらえる詩人です。

 というか、大きい世界から遮断された、時には孤独でうつうつとした場所から物事を感じ書いているからこそ、そのつらさを癒してくれる素朴な美しさとか、その孤立を強いた外の世界への問題意識など抱けるのかもしれません。それをぐちゃぐちゃ私みたいに長々書くのではなく、短い文章で遊び心いっぱいに書いているのも魅力的です。そんな意識高めなひきこもりマインドに身を寄せ、憧れ、惹かれるものがあるのかもしれません。

 こちらのサイトから詩をピックアップしています:http://www.bartleby.com/113/

 「人生」「自然」「愛」「時と永遠」「孤独」などのジャンルに分かれています。」



上記シリーズの最後が「孤独」となっていますが、直訳は「一匹の猟犬」というジャンルになっています。「一匹オオカミ」という意味合いで「孤独」と改訳しました。




今回の詩は、「一匹の猟犬」シリーズの一番最初の詩です。動画に出てくるのはシンバで、ライオンだけど笑

–---------------------------------------
ADVENTURE most unto itself
The Soul condemned to be;
Attended by a Single Hound−
Its own Identity.

存在そのものが冒険
その運命に呪われた魂
頼るのは追い求め止まない1匹の猟犬ー
それは自らの存在すべて。
-----------------------------------------------------------

この詩は難しかったです。

 解釈のズレはあると思いますが、下書きだと思ってご勘弁ください。

 体を動かしてベタに冒険をすることが困難な躁うつ病者として、存在することが冒険って捉えたら励みになるし、実際魂のワイルドさと向き合って(笑)共鳴できます。

 この世に、魂についての問いの答えを見つけるために生まれてきたように感じることもあるけど、執拗(houndには、ものすごい執着で追い求めるという意味があります)に鼻をひくひく追い求める猟犬(これもhound)のようになっても、見つかるのは答えの断片ばかりで、

 これはなんて無謀で孤独な事業なんだろう!と嘆いても、本当はその「自分探し」←この表現苦手だけど笑 そのものがわたしたちを織りなすすべてーつまり「存在」(identity)なのかもしれない!

 ということかな。

りさ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記