2015年10月29日

躁うつ病者の「よろい」

最近はもうちょっと動けるようになったけど、うつが長引いていたときに検討していた、自立支援でのヘルパーさんの、認定調査の方が今日うちに来ました。

だから、どのように調子が悪くなって、ヘルパーさんは配慮しないといけないだろうとか聞かれたのですが、あることに気がつきました。

「人の前だと、自分が無理をしてでもノーマルに振舞おうとするから、それはヘルパーさんとでもそうだろうからつらいかもしれないです。」と言うと、調査の方が、

「がんばりすぎちゃうから、疲れちゃうということでしょうか?」と聞くから、

「うーん、というか、私は常に子供帰りしたり、ヒステリ起こしたり、ノーマルじゃないので、言ってみればそれがありのままの姿なんです。それを、虚勢を張って人前では隠そうとするから、そのギャップが疲れちゃうし、つらいのだと思います。でも同時に人と関わることでリハビリにもなるんだと思います。」


その後に病歴のことも言われて、去年入院した時の話しをしていたら

「おうちにいるよりは、入院した方が気持ちが落ち着きましたか?」と聞かれて、

「それも先ほどのヘルパーさんとの対応の論理と同じで、家にいる時はエルダーに甘えて、ありのままの調子の悪い姿が出てしまうんです。入院していると、周りが他人ばかりだから、虚勢を張っていられて、ヒステリ発作なども出ないんです。リハビリにはなるし、発作がないの確かに楽だけど、家に帰ったら元に戻るのだから、状態が落ち着いたとは到底いえないです。」

躁うつ病の特質なのかもしれないです、って調査の人に言ったら、難しいですね、と珍しげに言っていました。

エルダーはこの状態を「よろいをつけるとき、外したとき」と表現して、躁うつ病者は確かに他の病気と比べても、表裏が激しいというか、社会に出れば「普通な」フェイスをかぶって、家に帰ってプライバシーを得たら本来の「異常」さをうわっと出すような気がします。

それは躁うつ病者は、元から完ぺき主義者の人が多いからプライドが高いし、その上病識をもてるから、とことん病気を意識して自分の病的な言動を振り返って、それは治療の糧にもなるけど同時にそれら症状を上手く隠す術も身に着けやすいのかもしれない。


でも今日思ったのは、そうゆう「よろい」も一種の症状なのかもしれないということです。

私は最初の激うつは、病識もなかったしあまりに強烈だったので、虚勢を張って隠せず、人前でほんとにみじめな思いをしたし、友達からも距離を置かれて苦しい思いをしました。
だからその次に来た、最初の躁転で、うつの時の異常さを塗りつぶして、なかったことにするかのような勢いで、かっこいい自分、自己主張のできる自分、エネルギーのある自分、魅力的な自分を引き出そうとしたし、実際それがある一定できました。

今は、当時ほど病識のない突っ走りの躁にはもうならなくなったけど、「私はできるんだ!」「すごいんだ!」って躁的な、うつの出来事を塗りつぶす感覚のなごりとして、今の表裏現象が残っているのかなと思ってしまいます。

躁だって異常なんだけど、私はうつなみじめ人間じゃない、ノーマルになりたいって願望が、それほどみじめ自分の存在を埋め合わせるにはすげーすげーできるやつになるっきゃないって極端に突き抜けて出ちゃっているのかも。


いずれにせよ、そうゆう変なプライドをなくして、少なくとも同病者とか自立支援のヘルパーさんとか先生とか愛する人たちの前だったら、ありのままの「みじめ」な「異常な」自分をさらけ出すことができたら、きっとほんとの落ち着きもそうだし、ほんとの自分らしさにつながるはずだと痛感しました。

それに気づくと、私もほんとにくだらないプライドにしがみついた、それこそみじめな人間だなあって自己卑下したくなるけど、けっしてそうゆう一面的なことでもなくて、社会から障害者ってレッテルを押し付けられている時点でそうゆう虚勢を張らないと生き延びれない現状もあるわけだから、

高見になって障害者の現状を見つめられるようになって、それを変えられる自信を養う中で、ほんとの意味で自分を押さえつけるよろいを外して、ほんとに誇りを持てる自分を見つけられるようになれるんだと思います。

りさ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 16:37| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

岡本喜八監督^^*♪

dokuritsugurentai.jpg

こんばんは、

今日はクローズアップ現代で、岡本喜八監督について取り上げていました。最近若者の中で彼の戦争映画が「静かなブーム」になっているそうです:


その番組で、初めて彼の映画のクリップをちょっと見ただけだけど、これはおもしろい!とぐっと来るものがあって、さっそく「独立愚連隊」他三つ借りて来ました。

いやー伊丹十三監督以来の素晴らしい出会いです!

というか、なんだかスタイルが似ているな、と思います。

狂気を明るく描くのか、狂気すぎて笑うしかないのか、とにかく私たちの奥底にある処理のしづらい感情たちにふれあいやすい形を作ってくれる。全然きどっていない、身近なものとして。

そうゆう黙っていれば胸が締め付けられるような内容も、笑い飛ばしてしまうからこそ、ほんとの意味で悲しさ、切なさを余韻として噛み締められるような気がします。

見えない病を持つものとしても、そのややこしいダークなものを上手く引き出してしまう表現方法をすごい尊敬するし、周りに理解がほしくて自分もずっと表現方法を模索してきたから親近感すら覚えます。

しかし戦争というテーマもそうだけど、そうゆう狂気のセンスのいい表現に惹かれる若者が増えているのは嬉しく感じます。自分の内なる狂気と向き合うことは、誰だってしないといけないプロセスだろうし。そうゆう時代なんだなあ。

ちなみに主人公を演じる佐藤允さん、やんちゃなスマイルのとりこになりましたね!笑 なんかワンピースのルフィみたい笑(キャラ的にも類似するし・・・)ってかこの映画の役者さんみんな演技迫力あって、人間臭さぷんぷんで、最高!

では岡本監督のほかの作品も見ていきたいです。今借りているのは「独立愚連隊西へ」「どぶ鼠作戦」「江分利満氏の優雅な生活」←(everyman笑) だけど、ほんとはクローズアップ現代でピックアップしていた、「肉弾」と「日本で一番長い日」も見たいんだけどうちの近くのレンタル屋さんにないんだよなーちょっと遠くいってみないと。(ちなみに「日本で一番長い日」はつい最近リメークが出ているけど、まったく勧めません・・・)

ではでは^^ノ

りさ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 01:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記