2015年11月26日

この一年の体調変化とラミクタール

                      lamictal.png

こんばんは

自分のこの一年体調がどう変動してきたか、振り返って見たいです。こうゆう時ちゃんと体調リズム表とか毎日つけとけばよかったなぁと思います。毎日書いていたときは徒然ブログがそうだったんだけど笑

去年の10月の入院から除々にラ三クタールを増やしてきていて、私は薬が効きにくいので、うわ多いなーと思う方いるかもしれないけど、今は(元のリーマス1日1200mgと合わせて)一日175mgになりました。多分なんだけど、それで今までのすごいくどい3〜6月ってうつのパターンが変わってきたのかと思います。

まだ秋から冬にかけて基本長期うつのパターンは抜け切れていないけど、それ以外はもっとラピッドになったというか、2週間キャパ少ないながら動ける期間があって(基本的な人としゃべるとか家事とか外出とかの行動は以前は無謀に近かったのに、そのハードルが下がった。でもそれも一日に何時間で、続いて長くて二週間)、それで充電的に1週間ぐらいダウンするみたいのをラミクタールが50mgになった段階ぐらい(今年の春から?でも前から春はハイになるからかぶってよく分かんないだよな〜)繰り返しているように思えます。

この2週間今までのなんとなく動ける〜じゃなくてまさに躁転!(キャパがないのは変わらないけど笑 昔の躁転は底なしキャパだったのになあ)だったけど、今日はまたがくっとその反動のように、電池が切れて充電中のようにがくっと眠っていました。
でも疲れも取れない過眠って言うよりは、充電してぐっすり寝ているって言う感じだから一応幸いです。

でもこのラピッドっぽいパターンに変わってからも、何がつらいかって言うと、半年連続とかの長期の抑制うつ(動けない)が軽減されたかと言っても、長期の抑うつ(落ち込む死にたくなる、混乱・パニックする)はむしろ、なんというか、よりエネルギーをもってくどく続いていています。

というとラミクタールの影響か、前と比べれば持続的に動けるようになったんだけど、
その動いている間は精神が穏やかというとそうじゃなくて、むしろ今までの抑うつがもっと混合的に、外向きに現れるっていうか、

以前から私のうつはおとなしく寝てるってかっていうとそうじゃなくて、焦燥感とパニック発作がくどくあって、(内容的には「いやだーどうしよう」ってロボットみたいに繰り返したり、すごいパニック的に叫ぶか、そうゆう感じです。もうちょっとちゃんとこちらの過去記事で描写していますので、もしよかったご覧下さい:名の無い症状→「http://bipolar.sblo.jp/article/59925158.html」)
だから去年入院したんだけど、今はそれらの症状は、人としゃべったり外出したり家事をできながらも、ちょっとでも隙があればうわっと出てきて、ひどければ最中にもずっと続いて出て、出方ももっとエネルギッシュなんですよね。
だからつらくしんどいけどのは変わらないんだけど、昔ほどそれで泣き寝入りすることなく、跳ね返りをする力をラミクタールがくれたのかもしれないけど、そのしんどさを休ませてあげられないまま動いちゃう分か、ラミクタールの副作用なのか、常にじわじわじわじわと混合うつみたいなんです。
うーんまだ上手く分析しきれていないです。

とにかく前より動けるようになったのはよかったけど、メンタル的にな根本はあまり変わっていないようだし、その表現がむしろ外向きになったなと。

ラミクタールで同じ動けるようになったって人の中でも、怒りっぽくなる方と、逆に感情が押さえつけられて鈍ったようになるって方と両方聞くんですけど、どうなんでしょうね、私は前者でこうゆう風に体調が変化しているのかな。

双極たろうさんのラミクタールについての記事、私に当てはまるとこあるなあと思って改めて読ませていただいていました。

【躁うつ病】ラミクタールを飲んでいます

http://blogs.yahoo.co.jp/soukyokutaro/4693719.html

動けるようになったのは泣くほど嬉しいんだけど、慎重にしないといけないかもですね。まあうつがくどすぎるしリーマスさんがお仕事してくれているだろうからよほどじゃなければ継続するけど笑

土曜通院なので「躁転したこの頃」の内容も含めて服用について相談してみようと思います。

ではでは^^

りさ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月25日

私の価値

私の価値って・・・?

一障害者として自分の存在価値をどう捉えていいか、この場を借りて何回に渡って考えてきたのですが、自分の中で整理するためにもそれらを振り返ってまとめてみようと思います。


私がツイッターの自己紹介の一部としても出している以前書いた
「何もできなくても生きていい」(http://bipolar.sblo.jp/article/146282513.html)という記事では、「障害者は存在として、死に追いやられるぐらいの勢いで、自らを常に否定することを強いられていると思います。」と書きました。

この競争社会では、人の価値はその社会の狭い生産の基準で計られていて、障害者はその基準を満たせずに存在とその価値もろとも社会からはじき出されていると言えると思います。(あるいは就労移行支援などのシステムを通して、プレミアムつきで狩り出し直される場合も。)
だけど、障害者はこの社会の生産の基準を満たせず疎外されているからこそ、逆に言えば「本来、生産とは何だろう?」、「私の価値ってどう考えればいいのだろう?」という本質的な問いを捉え直す立場になれるはずだ言うのが私の記事の結論でした。

同じ記事から引用すると、本来の生産とは、

『どれくらい何かをできるって「量」よりも、いくら理不尽な状態を強いられても、人としての誠実さ、尊厳を取り返すことを諦めない存在の「質」が問われるんだと思う』

つまり、その障害者が「私の価値って?」と問うことそのものが本来的で大事な生産活動の一つと言いたかったんだけど、




もう一つ以前に私が書いた「社会を成り立たせているもの」
http://bipolar.sblo.jp/article/87221592.html
と言う記事を思い出して、それは上記の記事と結び付けられる内容だなと気づいたんです。そこからの引用ですが:

『社会の本質は、それの共同できる力にあるのであって、物理的にそれを動かすための、生産性だけには還元できないはずだ。共同性の議論は、無論社会のメンバーみんなが積極的に参加することによって初めて成り立つし、その共同しようという個人個人の行為に、社会にとって一番の創造的価値が置かれるものだと思う。』

「何も出来ないで生きていい」の記事で書いたように、人の価値は個々人としての誠意などの「質」の問題でもあるけど、そうゆう個人レベルでの規定以上に考えないといけないと思います。
(量的な生産を望めない障害者も含め)社会そのものの存在価値も共同してなんぼなわけだし、その協働性・共同性の中でこそ個々も初めて本来的で豊かな生産的価値を生み出し身に染みて感じられるんだと思います。




以下は参考までにって感じにだけど、知恵袋の有名なQ&Aからの引用です。
弱肉強食を植えつけようとする現代社会がいかに社会科学・自然科学的に転倒しているか、逆に言えば協働・共同性がいかに人間社会の本質であるかをとても説得力をもって説明していると思います。


『人間の生存戦略は、、、、「社会性」
 高度に機能的な社会を作り、その互助作用でもって個体を保護する
個別的には長期の生存が不可能な個体(=つまり、質問主さんがおっしゃる"弱者"です)も生き延びさせることで、子孫の繁栄の可能性を最大化する、、、、という戦略です』
『アマゾンのジャングルに一人で放置されて生き延びられる現代人はいませんね
 ということは、「社会」というものが無い生の自然状態に置かれるなら、人間は全員「弱者」だということです
 その「弱者」たちが集まって、出来るだけ多くの「弱者」を生かすようにしたのが人間の生存戦略なんです
 だから社会科学では、「闘争」も「協働」も人間社会の構成要素だが、どちらがより「人間社会」の本質かといえば「協働」である、と答えるんです
「闘争」がどれほど活発化しようが、最後は「協働」しないと人間は生き延びられないからです
我々全員が「弱者」であり、「弱者」を生かすのがホモ・サピエンスの生存戦略だということです』


☆★

私の「価値」についての考えの整理は一旦は以上です^^ 今まで考えたことを、ワンフレーズで言えば、

人は本質的に一人では生きていけないのに、現代社会ではことごとく競い合わされて、その中でも障害者は疎外されて一見弱い立場に落とし込められているようだけど、一人は万人のために、万人は一人のために!逆にそんな社会レベルの認識ですべてを捉え返せる立場とも言えるし、私の価値はそこに断固として立って初めて見えてくるんだと思いました。

☆★

ps。結論に出てくる一人は万人のために〜は以前、うちの靴箱についての記事で出てきたのからピックアップしました笑 なんか、過去記事セレクト集みたいになっているなあ。
「一人が万人のために@靴箱」

りさ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

マーサとマシュマロ

marthamarshmallow1.JPG

甘いものは基本よくないのですが、なんとなくマシュマロを差し出してみたら・・・


marthamarshmallow2.JPG

普通に食べてました笑


でも歯にくっつくのかすぐやめましたけどね。

動画もちゃっかり撮っておきました。最後に舌をぺろんとして「歯にくっついたあ」って顔している笑:

  


りさ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

マーサ、朝日を浴びる

marthcold1.jpg

エルダーがマーサを抱っこしてベランダのドアを開けてそこに立ってみました。最初は寒そうにカーテンの後ろに隠れていたけど・・・


marthacold2.jpg

ちょっとずつ出てきて・・・


marthacold3.jpg

外の様子をうかがっていました。

marthacold4.jpg

外に出る機会があまりないハムスターだから、なんだか新鮮なのかもね。関係ないけど、超カメラ目線(笑)


りさ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月24日

ゆず味噌と風呂吹き大根♪

今晩のご飯は、ゆず味噌と風呂吹き大根がメインでした。

作る過程はこちら:

みりん 300cc
みそ 1kg
砂糖 400g
柚子 3個


実は私以前にもゆず味噌を作ることの記事をアップしていました笑 「うつでもやる気はあるんだ」http://bipolar.sblo.jp/article/62722891.html

冬になると作りたくなるんだよなあ。こんにゃくとか、素朴なものに合うんだけど、ゆずがちょいと豪華な味^^*

1.yuzumiso1.jpg

ゆずの皮と白い部分をとっちゃう。私はざっくり半分に切って、スプーンで中をえぐっちゃいます。


2.

yuzumiso2.jpg

皮だけしか使わないので、白いのと果肉はマーマレードかなんかするのにとっておきましょう。

3.
yuzumiso3.jpg

皮はみじん切りか、すっちゃってもいいでしょう。


4.
yuzumiso4.jpg

味噌は1キロ使います。このマルコメ君が一個750グラム
まずはゆずの皮以外の調味料(みりん、砂糖、みそ)を全部なべで中火で5分ぐらいまぜまぜしましょう。

5。

yuzumiso5.jpg

それでゆず皮も投入。最初はカレーレベルのとろみです。中火で、止まらずぐるぐるヘラを回していましょう。でないとぶくぶくって言い出して、あっついみそがはねてやけどしちゃうかもしれないからまじで注意!

あとは30分ぐらいひたすらまぜまぜ。私はJack Johnsonの「In Between Dreams」聞きながらやる笑 https://www.youtube.com/watch?v=ZTXxGFGvj2Q&list=PLn4aBSYMUP6g83v2jzhMM2H9VOvZe7qyR 和むぞ。

6.yuzumiso6.jpg

30分後ぐらい経って・・・色も変わってきましたね

7. yuzumiso7.jpg

どろどろにもなった!

8.

yuzumiso8.jpg

じゃあちょっとまぜまぜは一休みして、風呂吹き大根を作ろう!

大根を一本ぐらい、5Cm幅で切ってね。私は余ったかぶいっこもあった。


9.yuzumiso9.jpg

あとは小さじ2杯ぐらいの出汁の元とひたひたぐらいのお水で炊飯に入れてスイッチON!昆布いれても可。


風呂吹き大根できているうちにまた十分〜20分ぐらいひたすらまぜまぜ汗 しんどかくなると回転が遅くなってぶくぶくでみそがはねくるからほんと注意ね!なんかデンじゃらすな一品だ汗 もちろんしんどかったら無理ない範囲で終わらせてくださいな!


10.
yuzuimiso10.jpg

肝心のできた!写真なのに、食べてから写真撮らなきゃって気づいてフォークの跡とか見える写真に笑 でもまじでおいしかった!柚子味噌最高!来年も作るぞ!


yuzumiso11.jpg

こんなにできた☆^^

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

躁転したこの頃

こんばんは。一週間半ぐらい前からフルな躁状態です。

今回の躁転のトリガーは、二週間ほど前のことでした。以前の記事「躁うつ病者のよろい」でも触れたように、私は今自立支援でのヘルパーさんを検討しているのですが、その計画を立ててくださる担当者の方に電話で話した時のこと。
今までは、自立支援で私のヘルパーさんをお願いする、そのための私の生活面での「自立」の計画プランを立てるために何度かうちに訪問していただいていたのですが、私の社会的自立(現実的には経済的自立)を目指す「生活訓練」という障害者福祉サービスの元での制度を、私が利用するか否かの話しにその電話の中で知らぬ間にすり替わっていいました。しかも何の前触れもなく、とても不意をつかれて心底びっくりしました。

躁転するぐらいびっくりな出来事で、もう心の整理も割合ついた今でも感情的な文面になってしまって失礼しますが、彼女はあたかもイノセントに「りささんは自分の将来をどうゆう風にしたいのか、考えているのか、心配で、聞きたいんです」などとふと切り出したんです。話すうちに「ヘルパーさんを入れるのでは、りささんには何か違うような気がして。りささんは、今の生活で満足なのでしょうか。そうゆうことより、どうゆう目標をりささんが考えられているのか、私は心配で」などの趣旨のことを、スピーディに展開し出して、混乱と何とも言えない心の痛みが込み上げてきました。

どうゆう神経をもってあなたは、私の将来について、そしてその道筋を立てるのをサポートするらしい生活訓練を提案できるのだろう。はっきり言って、余計なお世話だ!と感じました。

それは、ただ単純に幼いプライドや長年経済的に自立が出来てこなかったコンプレックスの現れとしてでなく(もちろん多少はそうゆうのもあるけども)、本当に自分の心の核に土足で踏み込まれたようでした。

というと、私は発病してから10年間、まさに(人としての)精神的な自立及び社会的自立が病気によって妨げられたり、その定義そのものが
塗り替えられたりしてきました。ここを読むみなさんに説明するまでもないと思いますが、この病気は慢性病だから、それと生涯向き合っていかないといけないし、それをどうやってして行けばいいか、色んなハードルと自己矛盾を乗り越えるための葛藤と覚悟の繰り返しでした。
そうゆう中で、障害者として社会参加ができるか否かに存在価値をすべて委ねることはけっしてしなくていいし、むしろ存在価値の見方を塗り替える主体として障害者は誇りをもっていいんだ、と最近思えるようになりました。
というかそんな気難しい話以前に、社会的プレッシャーがどう罵ろうと、見下そうと、その障害者が働けててようと、働けていまいと、精一杯人として成長しようとしている限り、胸を張って生きていいんだ。この価値観をやっと心の核に置けるようになったけど、それでも今の社会のプレッシャーの抑圧の中だと、やっとのことです。

そのヘルパーさんの計画担当の方にも「ではりささんは自分でなんとかやるからいいんだ、ということかな。」と言い返してきたから、ここでも強調したいのですが、私は自分で自分の「自立」の定義や、自立の道を切り開ける、助けなど要らない!なんて傲慢なことを言うつもりなんてまったくなかったのです。

そうゆう障害者としての自分と向き合い、それ以上に人としての誇りを取り返していこうと思えるようになったのは、家族であり、自助会の仲間であり、先生でもあるし、何よりエルダーのおかげであって、そうやってこの病気の苦難を乗り越えた時、理解を共有できた時の喜びと絆を5〜10年間共有してきたみんながいてこそで、「専門家」であれまったくの部外者が、どうゆう権限を持って、私の「生き甲斐は何か」「昔の自分を取り戻すには(やっと今の自分に誇りを持とうと覚悟できた私には、違和感しか覚えられない台詞です)」「あなたにとっての自立、それをどう実現するか」(←すべて「生活訓練」についてのパンフレットに書いてあったこと)をサポートするというの?という感じです。
(感情的になってそうは聞こえないと思いますが、けっして生活訓練という制度を利用している方々のライフチョイスを否定するものではないです。現実にこの制度で大変病気のサポートを得られて助かっている人はいると思います。
ただ、その「りさは今以上に自立のサポートが必要」って提案があまりにも突然で、私のサポート網ももちろん、血のにじむような想いで培ってきた障害者としての自立の定義や価値観など、存在を全面否定されたと病的に受けとめた出来事だったから、どうしても表現が今でも過度になってしまっています。)

そうゆう怒りと混乱の中で混合・躁転したのだと思います。その後すぐそのヘルパー計画担当者を紹介してくれた保険センターの担当者さんが連絡くれて、上記のような胸の内をばーっと泣きながら言ったら、「りささんのほんとの気持ちを聞けてよかった」と言ってくれて、ちょっと落ち着きました。こうゆう受身の押し付けのない姿勢が一番その時必要だったので、嬉しかったのだと思います。
躁転トリガーの電話から数日後、ヘルパー計画の方と保険センターの担当者がその計画やらを話し合うためにうちに訪問に来たときにも私はかりかりマックスでしたが、そのヘルパー計画の女性に怒りを向けるのは違うよと、その訪問の前にエルダーに言われました。今障害者の自立へのプレッシャーが強まっていて、この生活計画訓練だって、上から押し付けられた方針であって、彼女も気まずい立場におかれて困惑しているはずだからその気持ちを汲み取ってあげなさいと言われてはっとして、ちょっと気持ちも落ち着いて訪問が終わったころには謝ることもできてフレンドリーな感じを取り戻せてそれはよかったと思います。

でもとにかくそれがトリガーになって、いきなり話が飛びますが、以前の記事にもおしらせしたおうに、ツイッターを初めまして、それが躁を助長した面もあるかも笑。躁のお馴染みな症状として、言いたいこと、やりたいことが次々とぽんぽん浮かんできて、それをツイッターに書いたり、ツイッターを何回もチェックしつつ、お皿回しのような色んな今までできなかった家事やらなんやらを休みなくやっていす。でもこれは単純に爽快躁というよりは、混合まじりのとても落ち着きのない興奮状態で、セロクエルとリボトリールをかなり頓服として服用しています。
ただ、全然悪いことばっかじゃなくって、頓服が必要だなと気づけたのもツイッターで自身の状態を頻繁に振り返っていたおかげで、躁を助長するだけじゃなくて自分を見つめ直すのにいいメディアになり得るなとも思います。(それ以外にも普通に色んな人とつながられて嬉しいし♪)

今も常に何かやっていて、メルヘン躁もそうだけど、頭に未整理なアイディアがごちゃごちゃぽんぽんとうかびあがっています。
睡眠も二週間前のうつの15時間の過眠から劇的に変わって五時間ぐらいです。
とにかく頓服の調整を慎重にやりたいです。変な話、興奮状態を収めないと病識をもっていても、その頓服ののみ方がまた無茶になりそうで、例えばセロクエル2錠にリボトリール二錠に、前処方されていたレボトミンの余ったの飲もうかなあ?って勢いで、ODまがいなことになったら大変なので(今もハイのわたわたな動きと頓服入ったあとのふらふらが混同してなんか変なことになっている笑)ただ強い頓服に変えるってだけじゃなくて先生と慎重に躁・混合の対処の仕方を考えたいです。
今んとこ今までの躁転したあとの経過はざっくりこんな感じかな。この場を借りて振りかえら指せていただきました^^ どうもでした!
(ご飯食べた後に、ゆず味噌を作ったのでそれの過程でもアップしようかなーでもセーブだ、セーブ笑)

りさ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月23日

。*あと一時間で関東ウエーブチャットデーです。是非ご参加を♪*。


 
originalwelcomehamster.png
     
。・★あと一時間で関東ウエーブの会チャットデーですー!(11月23日(月・祝日)20時〜22時の予定です★・。
     

。・☆12月のチャットデー開催は三回になります★・。
12月チャットデ―は12日(土)と24日(木・クリスマスイブ)20時〜22時を予定しています。12月31日23:00〜24:30は年越しチャットの予定です。
12月のチャットデーに関しては、日にちが近づきましたら改めておしらせさせていただきますね。
              
なかなかリアルでは出会えない同病者と、悩みをシェアしたり雑談したりするいい機会になれればです♪ チャットデーでは、スタッフも参加しますので、どうかこの機会にお気軽に覗いで行って下さい(^^) 参加もロムも大歓迎です♪
理解ある誰かと話してみようかな、とか年末のホリデーも、同病者と病気について考えたり、あるいはのんびり時間を分かち合うのはいかがでしょう? 


関東ウエーブの会HPの「チャット」ボタンをクリックすると「チャット待ち合わせ掲示板」に移ります。「チャット待ち合わせ掲示板」の「チャット」ボタンをさらにクリックするとチャット室に入ります。


チャット室のリンクです→
http://bipolar.ac/kanto/chat/perlchat/


チャット室はチャットデー以外の時間も自由にご利用できます。ただし健康(躁転防止)のため、深夜(22時〜朝6時)のご利用はお控えください。

-管理人 りさ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

posted by 徒然 at 18:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

マイ・頓服

                     milkmarshmallow.png


まず背景として、今日ツイッター(https://twitter.com/lisahamster)で書いてきたことをまとめてみます:

「躁対策の三本柱は「頓服」と「病識」と「睡眠」。
・頓服調整するために早く通院しないと。今の頓服のリボトリールとセロクエルじゃハイに追いつていない。
・無理でも二度寝。五時間睡眠はうつの十何時間過眠に比べ変化が過ぎるしハイ助長orエネ切れをさけるには少なくとも8時間睡眠必須。
・まずこのツイートで病識ある一定クリア!
三本柱は自分でできること。でもハイ予防もうつを乗り切るためにも一番の土台は自分の「鏡」としての同病仲間や理解ある友人や家族!」

「おやつ。ホットミルクにシナモン(カップの内側にへばりついてるやつ)にマシュマロ浮かしたにこにこ

「混合ハイでつらい。頓服はセロクエルとリボトリールで、セロ2錠とリボ2錠さっき飲んだけどハイに負けてる。私の体質には強すぎてやめていたけど手元に余ってるレボトミン飲んでみようかとも思ったけど、ハイの勢い任せの頓服飲みも混合ハイそのものぐらい厄介だから、無難に通院まで我慢かな。」

という感じで、混合とそれへの対処を言ったりきたりしたような日でした。

頓服で抑えきれないものと、頓服そのもので酩酊状態で落ち使かずふらふら感じるのとに、セロクエル+リボトリールを飲んだ後もマイ・フォローアップ頓服を勝手に常備して摂取しています笑

というと例えば:

・ふわんとと地に足がついていない酩酊+元のそわそわだと甘いものを欲して、上の写真のように、マシュマロとホットミルクで気持ちを癒した、
・ふらふら落ち着かない船酔い酩酊+元の混合いらいらだだと、何か噛んでいると落ち着くので、キャラメルかガムを噛んで、
・でもそうやって甘いものばっかり食べていても、口も甘ったるくて気持ち悪くなるし、頓服がちょっと抜けてきた時点では元のハイの興奮気味が舞い戻ってきて、そうするとお水をぐびぐびいっぱい飲んで落ち着かせて、
・後は興奮やそわそわを落ち着かそうとするマイ・頓服?は髪を何度もとかしたり、お風呂になんども浸かってはそこで考えたこと(ハイ的な思いつきでもいいし、今の精神状態の分析でもいいし)をあわてて出て、急いでめもって、またお風呂につかるを繰り返す。
あとは小さい声で(お酒などなどよくあるストレス発散法ね・・・)笑
とにかくハイもせわしないけれど、ハイの収集のつかない感情の爆発・きまぐれな変動を落ち着かせる術を見につけてハイとキャッチボールで実践に移していくのも大変で、疲れます汗

爽快躁であっても、やっぱりハイはただ楽しい〜が極端になったんじゃなくて、心に今まで詰め込んでいたいっぱいの色々が解き放たれて、それに便乗して自己表現したり収集つけようと追いかけたり大変でしんどいですよね。

このブログ記事もハイを落ち着かせるためのマイ・頓服として書いているとも言えますよね笑 でもこれらマイ・頓服もエスカレートしてまかり間違ってハイの症状というか、何か悪い習慣・依存にならないように気をつけないと(^^;)せっかくうつから解放されて動けるようになったのに、ハイの対処のための多活動みたいで皮肉すぎるしむなしくなってくるというか・・・

みなさんはこうゆう皮肉感じることないかな?あとマイ頓服はあるかな?笑

ではでは

りさ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

。・☆明日23日(月・祝)は11月チャットデーです☆・。

originalwelcomehamster.png


 
     
。・★チャットデーは明日11月23日(月・祝日)20時〜22時の予定です★・。
     

。・☆12月のチャットデー開催は三回になります★・。
12月チャットデ―は12日(土)と24日(木・クリスマスイブ)20時〜22時を予定しています。12月31日23:00〜24:30は年越しチャットの予定です。
12月のチャットデーに関しては、日にちが近づきましたら改めておしらせさせていただきますね。
              
なかなかリアルでは出会えない同病者と、悩みをシェアしたり雑談したりするいい機会になれればです♪ チャットデーでは、スタッフも参加しますので、どうかこの機会にお気軽に覗いで行って下さい(^^) 参加もロムも大歓迎です♪
理解ある誰かと話してみようかな、とか年末のホリデーも、同病者と病気について考えたり、あるいはのんびり時間を分かち合うのはいかがでしょう? 


関東ウエーブの会HPの「チャット」ボタンをクリックすると「チャット待ち合わせ掲示板」に移ります。「チャット待ち合わせ掲示板」の「チャット」ボタンをさらにクリックするとチャット室に入ります。


チャット室のリンクです→
http://bipolar.ac/kanto/chat/perlchat/


チャット室はチャットデー以外の時間も自由にご利用できます。ただし健康(躁転防止)のため、深夜(22時〜朝6時)のご利用はお控えください。

-管理人 りさ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

posted by 徒然 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月22日

メルヘン躁

こんばんは、

最近ちょっとハイになってきたなと思ったけれど、まあセーブしていればそんな激躁・混合にはなるほどでもないだろう〜と油断して、ツイッターとかに投稿しまくってたら、

久々に「メルヘン躁」になってしまっていました汗 メルヘン躁とは私の勝手なネーミング買い癖の一貫で買うものはチープでも駄菓子屋さんのおもちゃとかダイソーで売っているにせのお花とかで、それらのアイテムをただたくさんコレクトするだけじゃなくて大胆な形で子供っぽいいたずらをしようとするのです汗

例えば昔だったらにせのお花をひたすら都会の地面があるところに(車道のとなりとか汗)植えまくって、通る人がえっ?ってびっくりするのを期待して遊んだり、これはお金かからないけど秋には一つの公園のどんぐりを何時間もかけていっぱい集めてマジで大きい山を一つの木のしたにきれいな形にして作って、見た人がえっこの木からこんないっぱい?とかこれはなんかに捧げるモニュメントみたいの?とか考えちゃうきっかけを作れて喜ぶのです。

でも私の定番はあたりかまわずシャボン玉をふくとこで、昔ひどいときは電車の中とかでもひたすら拭いていました。マジ、呼吸する感じで耐まなくシャボン玉をふいていくのです。

あとは都会にずらーっと並んでいる放置自転車のかこの中にダイソーで買ったかわいい小物とか「プレゼント」にって入れててt「えっ悪い子としたのにプレゼント?」ときょとんとしている表情を想像して喜んだり、ぷーさんとか童話を都会のど真ん中ですごい心込めて大声で朗読したりして、

まあメルヘンと言っても全然かわいいものじゃないし、おもしろがる人も多いけどやっぱりある一定迷惑だし、本人も楽しんでいるようで実はすごい頭が興奮してて自分が泊められなくてメルヘンとは程遠い焦燥感の中やっていたりします。

ま、今回はこれら過去の比べれば軽症なんだけど例えば


melhensou1paint.jpg

駄菓子屋で買った、首からひっさげられるくまちゃんと、おもちゃのナイフと、ミニーちゃんのライトアップするカチューシャと、にせたばこキャンディー。昔はにせたばこって駄菓子屋にあって、実際けむりが出るから、明らかに未成年なのに堂々とたばこすっているぜい!ってきどって都会歩いていたけど笑 *もちろんニコチンも入っていないただのおもちゃです しゃぼんだまの本体は昨日はしゃいでいるうちになくしvちゃった涙 早く二個目を買いたいとメルヘン躁が私を急かしています汗

minnyhighlisapaint.jpg

ミニーちゃんカチューシャをつけているの図。

melhensou2.jpg

あとはそこまで重症じゃないけど、百円ショップでジッパーみたいな携帯ストラップで、首に引っさげられるんだけど、引っさげないとき長くて邪魔だったからこの本来はリップスティック入れるかわいいストップをジッパー入れにしました・・・ハイも頭が回るという点でたまにはやくにたつ笑

とにかくハイ→不安定→ハイ→不安定の連鎖の一つ一つ強度が除所に増してきているので、とんぷくとかを先生とできるだけ早く検討しようとおもいます。病識をもってこうやって文章で冷静に自分を分析できているだけでも昔のメルヘン躁から成長したなと自分を褒めてあげたいです。

ではでは!^^

りさ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月20日

今日買ったお菓子

こんにちは^^

今日買ったおやつです

busse.jpg

私って基本甘い菓子パン好きじゃないのでが、ブッセは触感からして全然違いますね!もちもちでもないし・・・50円ぐらいだから、もっと買いたいなー。


caramelandsuama.jpg

あとは、エルダーにキャラメルと、私にすあまです。すあまは大好物です(^○^*)キャラメルはエルダーがマイブームなんだけど、



先日特大のを駄菓子屋で買ってきたら、喜んでくれました(。・w・)サイズの目安のため使われているマーサ笑

それだけのブログでした笑 ではでは!(最近明るい、楽しいを通り越してぶっ飛んだ感じ・・・まあこれでも基本爽快躁だし病識あるから激躁にはならないだろうけど、ゆるまずセーブセーブっ)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月19日

。・☆12月のチャットデーのおしらせです☆・。


christmaswelcomehamster.png

。・☆12月のチャットデー開催は三回になります★・。

     12月チャットデ―は12日(土)と24日(木・クリスマスイブ)20時〜22時を予定しています。12月31日23:00〜24:30は年越しチャットの予定です。
               
なかなかリアルでは出会えない同病者と、悩みをシェアしたり雑談したりするいい機会になれればです♪ チャットデーでは、スタッフも参加しますので、どうかこの機会にお気軽に覗いで行って下さい(^^) 参加もロムも大歓迎です♪
年末のホリデーは、同病者と一年を振り返ったり、時間を分かち合うのはいかがでしょう? 日にちが近づきましたら改めておしらせさせていただきますね。


関東ウエーブの会HPの「チャット」ボタンをクリックすると「チャット待ち合わせ掲示板」に移ります。「チャット待ち合わせ掲示板」の「チャット」ボタンをさらにクリックするとチャット室に入ります。


チャット室のリンクです→
http://bipolar.ac/kanto/chat/perlchat/


チャット室はチャットデー以外の時間も自由にご利用できます。ただし健康(躁転防止)のため、深夜(22時〜朝6時)のご利用はお控えください。

-管理人 りさ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

posted by 徒然 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月17日

りさのツイッター

humanlesson.jpg

こんばんは、

いまさら感がありますが^^; ツイッターを始めてみました:


私個人のツイッターになりますが、関東ウエーブのおしらせなどもアップしていきたいと思いますので、そちらがチェックしやすい方はときたまチェックしていただければ幸いです。よろしくお願いします!

p.s.
ツイッターのバナーは、私の好きなネオテニー・ジャパンって展示の本のカバーを飾っているできやよいさんの作品です。ほんときれいなのでフルバージョンをここに添えておきます。

りさ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

マーサとにせのお花

IMG_1436.JPG

柿の皮のサイドストーリー。フリーマーケットで買った小さなにせのお花のおかざりをテーブルに置いていたのに、鼻くんくん。

IMG_1438.JPG

そしたらいきなり枝を一つ食べようとしました!ハムスターって食べ物じゃないもの・おいしくないものを食べる前から食べれない・食べたくないって判断するのうまいから、びっくりしました! 皮に続いて、とんだ目だったね、マーサ^^;

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

マーサと柿の皮

エルダーが柿の皮を切れずにむくのが得意なので、ちょっとそれを使ってマーサにいたずらをしてみました笑

IMG_1429.JPG

えいや!とおぼつかない足元でがんばって背伸びしていました


IMG_1430.JPG

クロースアップ


marthakaki5.JPG

こんなにがんばったのに皮なんて、中身くれい!とちょっと不満な表情笑 このあとちゃんと中身もあげました。


りさ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

posted by 徒然 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月11日

☆11月チャットデーのおしらせです☆

originalwelcomehamster.png

。・☆11月23日(月曜日・祝日)は関東ウエーブの会チャット・デーです☆



20時から22時の予定です。
なかなかリアルでは出会えない同病者と、悩みをシェアしたり雑談したりするいい機会になれればです♪ チャットデーでは、スタッフも参加しますので、どうかこの機会にお気軽に覗いで行って下さい(^^) 参加もロムも大歓迎です♪


関東ウエーブの会HPの「チャット」ボタンをクリックすると「チャット待ち合わせ掲示板」に移ります。「チャット待ち合わせ掲示板」の「チャット」ボタンをさらにクリックするとチャット室に入ります。
チャット室のリンクです→
http://bipolar.ac/kanto/chat/perlchat/


チャット室はチャットデー以外の時間も自由にご利用できます。ただし健康(躁転防止)のため、深夜(22時〜朝6時)のご利用はお控えください。

-管理人 りさ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

posted by 徒然 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記