2016年09月30日

高校の同窓会

実は明日は例会でもあるけど、夜は高校の同窓会もあるのです。体調的に二つは難しいかもというのは普通にあるけど、同窓会っていつも微妙で参加悩み中。 同級生だった皆も変わるけど、躁うつビフォー・アフターでの私の変わり様はこれまたユニークで、自分がその場でうまく対応できるか、未知数@@

小学校の場合、同窓会は卒業後毎年のように参加していて、発病してからも何年かは参加していました。幼稚園から6年生までずっと一緒で、とっても小さいクラスだったというのものあって、病気になっても、りさは4歳のりさのままってことで、偏見も、難しい病気の事情もけっして壊せない根底的な許容力があって、行けてたんだと思います。

それもなぜかわからないけど20過ぎると同窓会の途中で気分が悪くなっちゃって、退席することが多くなっちゃって・・・。そういうことで迷惑かけたくないなという気持ちもあってかもう何年も参加してません。

今回は高校の同窓会・・・と言ったって、中学からの知り合いが多いけど、クラスの規模が大きいし、そんな何回も開催しているわけじゃないっていうのもあって、今回が参加するとすればはじめてになります。

数時間座って近況を聞いて思い出話しする分にはそんな頭悩ますことないって言えばないんだけど、私の10年以上蓄積している病歴と、学生時代の影薄い呑気ちゃんな私とイメージのギャップというか、

例えば躁で言えば、

私の場合皮肉な話し17歳(遅生まれなので高校最後の年)で初躁転したのが大人の転換点!だったんです(病気を美化するなと言われそうだけど、大げさでなくそう。)→ 詳しい流れは「私の病歴」シリーズの2を参照下さいw http://bipolar.sblo.jp/article/63706544.html

今までクラスの隅で小さい輪の友達の中でも幼稚なやつだな〜とバカにされつつ愛され呑気にやっていたのだけど、躁転を機に小さい輪から離れていろんな価値観を持った生徒と話すようになったり、先生と面と向かって議論したり、それが悪い形で出てもう半ば喧嘩したりもあったけど・・・とにかくそういう大人として他の人と対等に話す中身が自分にあるし、私ゃ変わったんだぜぇ!もうお子ちゃまじゃねえんだ!という自信を持てたのはすべてこの躁転が根っこにあるんです。

そのあとの躁うつのサイクルで言えば、ここでいうまでもなく、一般ルートで28歳になる人とはまた違う苦難があって・・・それにしてもやっぱり、苦難の中ではけっして華やかじゃないし^^; 話題にして「そうだよね〜そうゆうもんだよね〜」って同調し合いながら展開できるものじゃない・・・。

でも私がみんなに会いたい理由は、やっぱり青春時代ともにした友達だし、どういう風に18歳から成長して、その過程で何が苦しくてうれしくて小さい山を越えながら学んだりして(28歳ってそういう成長過程で言えばおもしろい年齢なんじゃないかと思うし←他人事笑)を共有したいからです。だからどこかでみんなにも・・・りさの人生は話しにくいことだからそっとしておこうでなくて、もうちょっとシェアさせてくれれば、ああ、なるほど、りさも少しルートは違ってもこういう過程で、こうやって成長してここに来たんだねって知ってほしいのかもしれません。

ただこういう病気ネタはわりと「そっと」されちゃうから(小学校同窓会行けなくなってもそこに要因があるかも)。でも躁うつってさっきも言ったように私の大人になる上での最初の心強い一押しでありながら(ほんとに明るくルネッサンスみたいなキックスタートだったあ!笑 もうあそこまでどんでん返しな躁は経験しないかも)、今の私の生き方を良くも悪くも形作る闘病の始まりでもあって、そういう意味で今の私を語る上で欠かせない腐れ縁なやつなんです。
だから、それがないと、私の何を話すにもその基盤がなくなっちゃう笑 

だとするとみんなの聞き手になる夜って可能性も大きいわけで。それはそれでいいんだけど。

・・・と言いながらそうなったらやっぱり帰りには何か複雑な気持ちにかられちゃうんだろうな苦笑


行くべきなんだかどうか・・・でもそうゆう複雑さを整理できるって意味でも体調が許す時に会わないと、いつ会えるかわかんないもんなあ。


なんて悶々としています笑

でもその前は楽しい例会!

同窓会行くとしたら、「えっ、最近何しているかって?ちょうど今本領発揮してきたとこだぜ。躁うつも暗いばっかじゃないぜ。奥が深いとこ、見せたろ!」って話しのきっかけになるかもw(きっかけにされる例会^^;)

結論は出ないけど、とりあえず、明日例会で^^!

りさ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

。・★明日今年度第6回関東ウエーブ例会に是非ご参加を!★・。

2016年度第6回関東ウエーブの会例会を10月1日(土曜日)14:00〜17:00に行ないます(その後20:00 まで懇親会)


 (第7回目は11月12日(土曜日)になります。)  


関東ウエーブは今年度(2016年度)から会合の定期化、来年度(2017年度)は会員性を検討しています。


例会という形で関東ウエーブは新たなスタートを迎えますが、この10年間のオフ会で蓄積してきた内容を引継ぎ、それを皆さんと共に深めていくものとして考えています。 


詳細については、「躁うつ仲間の掲示板」をご覧ください:
http://bipolar.ac/kanto/LKd4AEZuMM7D_jQkDYNmQCYB7QLCct7tM3SZdXtEy3ZPdpnadNnRJSanV4WtC9HVFnATtQ/bipolar-6g5r3w5n3p9b9e2xB/6n5q1c1m.cgiをご覧ください。

参加希望をされる方はこちらの「例会参加メール」に書き込みの上、送信下さい:
http://bipolar.ac/kanto/enterfor-mail/index.html

関東ウエーブの会が、みなさまにとって、ありのままで話し合える居場所になれるよう心がけていきたいです。よろしくお願いします(*^^*)

−スタッフ一同

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

kantowavepic.png


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月25日

世の中を直接に感じるりさ

こんばんは。

とってもお久しぶりな、ダイアリー式な記事です^^

Dear Diary...とか中学校の頃書いたりしましたけど、見事に三日坊主だったなw

徒然ブログでは案外私なりにすごく、二年ぐらいほぼ毎日書いていたし、だからこそ、自分の存在価値はこの病気で下げられるものではないと思えるようになりました。(一番難しく、大事な気づき!)
むしろブログを通して考察する中で、病気は自分の価値観を深めてくれる材料をいっぱい与えてくれると気づかされてきました。

あまりここで書かなくなったからと言って、自己否定の塊にならなかったり、しんどくて頭で整理しないといけないことが減ったわけではけっしてないけど、そのもんもんの末の結論は常に「自分は生きる価値あり!引け目なく前へ進めー!」だともっと確信を持てたのかもしれません

多少前より自己処理できるようになったのかもしれません。(←エルダーにわんわんぎゃんぎゃんぶつけて話し合ったりした後だから、「自己」処理とはまた違うけど笑)


☆☆☆


さて、この一週間ほど実家に帰っていました。(実家に帰らせていただきます・・・って意味合いでなくて、単に体調が許すタイミングを逃さず帰らないと、いつ帰れるかわからないから汗)

父は親戚の結婚式でアメリカに行っていたから、お母さんと二人でいっぱいクオリティタイム。

犬の散歩がてら長時間ウオーキングしたり、カラオケに行ったり、ちょっと前の実家帰りはもう、帰るってだけでキャパオーバーして寝っぱなしだったから汗 そういう余裕を持てることそのものが幸せです。

ただ、私の方からの話題というのが、入院の時のこと、病気のこと、何かと暗い苦笑 でも、お母さんによると、私がどれほどこの病気でしんどいのか、会って話し合えるぐらい体調がいいと普通の人のようなので、まったく実感が沸かないから、振り返って教えてくれる方がいいとのことです。

それと、私は24まで家にいたけれど、それ以前(とくに20歳前後)の躁エピソードがまったく頭から忘却していて、逆にお母さんに教えてもらって気づかされることがあります。

今回教えてくれたのは、私は17歳の躁時に書いたたくさんの詩に、20歳の時にメロディをつけたいと思って、うちにはピアノがなかったので、ピアノを貸してくれるスタジオみたいなので毎晩作曲活動をしておりました。←ここまでは覚えている

お母さんによると、私はそれらの作品を、家の近くの会場で発表したい、演奏会を開きたいと言い始めたらしいです。まったく覚えていない・・・。

hamsterpiano.png

(久々のペイント!)

しかも、その会場、大きい真っ赤なグランドピアノがあるんですが、その上にハムスターを乗せながら演奏したいと言って、ピアノを利用するには申し込まないといけないのですが、実際会場の責任者に申込書を持って行って、その旨伝えたそうなんです。

もちろん責任者は「うーん・・・ハムスターはちょっと・・・」という感じだったみたいだけど。そんな会話覚えていない!

「しかし、何でハムスターをピアノの上に乗せて演奏したかったのだろう?」ってお母さんに聞いたら

「ハムスターの動きに合わせて、弾きたかったみたいだよ」とそんなプランをお母さんに伝えていたのかい・・・。


私はかなり病気が早期発見だったので、シュールなレベルでぶっ飛んだ躁体験はうーん、その頃入院してちゃんと服薬し始めてからストップしているように思えるんだけど(プラス、関東ウエーブに出会って病識を持つようになったのとセットで)、

☆☆☆

逆にあの頃うつもひどかった、ひどかった。

お母さんと今回かなり時間を過ごせて、「大人としてしっかりしているのをちゃんと見せなきゃ!」という最初の緊張が取れて、甘えモードに入っちゃったのか、昔のようなうつエピソードがある晩出てしまったのが残念でした。

昔の記事でも書いてある「名のない症状」なんですが、→ http://bipolar.sblo.jp/article/59925158.html


子供が、例えばころんで泣き出して、親は自分で立ちなさいとか、逆になだめてあげるか、どっちも関係なく、もう頭が泣きモードに入っていて、結局ひざの痛みもなくなったのに頭がぱんぱんで涙とえっくえっくってのが止まらなくてとりあえず涙が頭から出て頭がすっからかんで落ち着くまで泣き続けるしかないみたいな・・・わかります?

そんな子供帰り状態なんですが、まあ、その子供と比較して言えば、子供が泣いている「理由」は「ころんだから」でも、私は「病気との長年の闘いにほとほと疲れたから」になりますが、なんせこれは普通に泣いている、と違って、病気の症状なので、理由を通り過ぎてる状態なんですよね。

☆☆☆

というか、エルダーが放送大学の「錯覚」についての講義を見ていて、世界はたくさんの情報があって、人間はすべてを取り入れたらパンクしちゃうから選んで情報を吸収しているんですって(つまり私たちが見ている世の中は私たちの脳が正常に動作できるための解釈であって、その機能がバグったら錯覚を起こすとかとか)


だから躁うつ病の私たちはきっと人一倍、周りの情報量を取り入れちゃうというか、そのブレーキがなく、直接世界を取り込んでしまうから、キャパオーバーしやすくて、「理由」もなく病的に感情がぶっとんじゃうのかもしれないですよね。

私の場合、いい情報(お母さんといっぱい話せた!カラオケ行けた!)も悪くとも解釈できる情報(お母さん病気の話しどう受け止めたかな?心配かけたくないな)も、普通の人にすればマジたいしたことない活動量(犬の散歩)も、それだけで人が目の前で殺されてるんばかりの絶望!ヒステリ!泣き発作として爆発しちゃうんですよね。

というか、そうしないと、一つの言い方で言えば、ストレスを発散できないし、もう一つの言い方を言えば、そのストレスがキャパ越えしそう、と周りに伝えることができないんですよね。

ほんとに、大口を泣いている赤ちゃんみたいな。それしか自己表現の手段がないというか。赤ちゃんや子供って、ほんと大変だよな、お疲れさま、ってこの病気になってから思うようになりました。

口で言えばいいんじゃないの?と言われるかもしれないけど、もちろんそうしたらしたいし、そのためにキャパ越える前にセーブして病識持たないといけないんだけど、今回私みたいにトチってあれこれやりたい!ってうかれてつっぱしちゃった場合、

もうもう動物が死ぬ一歩手前と同じぐらいの緊急事態ですから、そんな表現の仕方をしないと、緊急性が伝わらないんだろうなと思います(←もちろんそんなの戦略的に考えてやっているわけじゃありませんが)


直接的に世界を感じてしまうりさ。これはエルダーの名言ですが、そんなちょっと迷惑だけど、素直な存在があってもいいんじゃないかしら。(お母さんは疲れさせちゃったけど;; ちょっと不安定な分、動ける時間も増えてきたんだよ。だからマイペースながら自己を鍛えて、来月でも出直してきます!←母の誕生日月)

冒頭でも言ったように、私たちの存在価値はこの病気で貶められるどころか、それと向き合うものが世界観を深めざるを得ない何かを突きつけていると思って仕方がないからです。

はあ、ずいぶん書いてなかったから、ずいぶん書きたいことがたまっていたな!今日はこれぐらいで笑

あともうちょっとでチャットデー!話すこと、残っているといいけど笑

りさ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

☆今晩は関東ウエーブチャットデーです☆

valentiewelcome.png

。・☆本日9月25日(日曜)は関東ウエーブの会チャット・デーです☆

20時から22時の予定です。
なかなかリアルでは出会えない同病者と、悩みをシェアしたり雑談したりするいい機会になれればです♪どうかこの機会にお気軽に覗いで行って下さい(^^) 参加もロムも大歓迎です♪


関東ウエーブの会HPの「チャット」ボタンをクリックすると「チャット待ち合わせ掲示板」に移ります。「チャット待ち合わせ掲示板」の「チャット」ボタンをさらにクリックするとチャット室に入ります。
チャット室のリンクです→
http://bipolar.ac/kanto/chat/perlchat/


チャット室はチャットデー以外の時間も自由にご利用できます。ただし健康(躁転防止)のため、深夜(22時〜朝6時)のご利用はお控えください。

-管理人 りさ







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

HAPPY!

眠剤飲んじゃったので短くなりますが、

私が落ち込んだ時よく聞くPharrell Williams の 「HAPPY」

オリジナル:


和訳付き(これ和訳のプレゼンの仕方おもしろい!):



この曲のPVコンセプトは、芸能人や庶民が混じって、Pharrell Williamsの歌をバックに(オリジナルは彼もいるけど) 色んな場所でハッピー!に踊ったりしてる人を映すってものなんだけど、日本版が色々あるのを今日知りました!

東京版:


これはわりとプロダンサー?ってぐらい上手い人が多くて、スタイルがオリジナル似ているので、もどきっぽくてまあまあ〜っかんじでした← 紹介してるのに辛口笑 でも元のコンセプトがいいので、やっぱり楽しかったです♪

原宿版:


これは案外意外(というかに日本人らしいというの言えるのかな?)ちょっと照れくさそうに参加してる人が多くて、新鮮で和みました。山手線のアナウンスから始まって、犬の吠え声で締めたり、なぜかウオシュレットが出てきたり笑 東京版よりオススメ!


高校の自主制作(?):


これは高校の生徒たちが作ったっぽいのだけど、オリジナルみたいに、ハイテンションに踊ってる!って雰囲気だけじゃなくて、学校生活の些細なアクションを歌に合わせて、かわいいし、和むし、ちょっとアートっぽい!個人的に、こんにゃくゼリー連続食べがツボ笑 うつの時は、

ハッピーな音楽はむしろ逆効果なケースが多いけど、なぜかこの曲かたは元気をもらえます。きっと他にいろんな国のハッピーもあるだろうし、是非オススメです(^o^)

りさ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月17日

。・☆9月&10月チャットデーのおしらせです☆・。

valentiewelcome.png

。・☆9月チャットデ―は25日(日)20:00〜22:00,
10月は21日(金)20:00〜22:00の予定です。是非ご参加を!

なかなかリアルでは出会えない同病者と、悩みをシェアしたり雑談したりするいい機会になれればです♪ チャットデーでは、スタッフも参加しますので、どうかこの機会にお気軽に覗いで行って下さい(^^) 参加もロムも大歓迎です♪


関東ウエーブの会HPの「チャット」ボタンをクリックすると「チャット待ち合わせ掲示板」に移ります。「チャット待ち合わせ掲示板」の「チャット」ボタンをさらにクリックするとチャット室に入ります。
チャット室のリンクです→
http://bipolar.ac/kanto/chat/perlchat/


チャット室はチャットデー以外の時間も自由にご利用できます。ただし健康(躁転防止)のため、深夜(22時〜朝6時)のご利用はお控えください。

-管理人 りさ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

posted by 徒然 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

。・☆2016年度関東ウエーブ第6回例会に是非ご参加を!☆・。

。・☆2016年度関東ウェーブの会第6回例会を10月1日(土曜日)におこないます☆・。

※第7回目は11月12日(土曜)を予定します。改めて詳細をアップ致します。


 関東ウェーブの会では来年度4月から名実ともに当時者会として、会員制と月例化に向けてこれまでの年2回の会合を月1回の例会として取り組みを始めました。

 新しく参加される方はもちろんのこと、引き続き参加いただいている方のご意見も含めて、これからの会の在り方を引き続き模索していきます。
   
詳細については、「躁うつ仲間の掲示板」をご覧ください:
http://bipolar.ac/kanto/LKd4AEZuMM7D_jQkDYNmQCYB7QLCct7tM3SZdXtEy3ZPdpnadNnRJSanV4WtC9HVFnATtQ/bipolar-6g5r3w5n3p9b9e2xB/6n5q1c1m.cgi
をご覧ください。

参加希望をされる方はこちらの「例会参加メール」に書き込みの上、送信下さい:
http://bipolar.ac/kanto/enterfor-mail/index.html

関東ウエーブの会が、みなさまにとって、ありのままで話し合える居場所になれるよう心がけていきたいです。よろしくお願いします(*^^*)

−スタッフ一同


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
kantowavepic.png

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

breakfast in bed♪

寝ぼけ顏でおやつな2匹。

image.jpg

たまご焼きなダディ


image.jpg

サツマイモなマーサ

 それだけ!

りさ





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月16日

カセットプレーヤー買った!

お久しぶりです!

突然ですが、私の大好きな躁うつアーティストダニエルジョンストン(どうか検索ボックスで「ダニエル」と記入して過去記事参照を!)に憧れて、カセットプレーヤー買っちゃいました。

image.jpg

image.jpg



ラジオつきのにこだわって!いやあタブレットでも聞けるんだけどさあ、魔女の宅急便のこのシーンみたいに(あとホウキにもぶら下げてたよな、キキ!)雰囲気に憧れて笑 ←どのロケーションでやれるんだなんてつっこまないでw

image.jpg

彼はレコード会社に所属せずに、躁の創作的勢いで無名の頃から家の地下室でモノログテープに作品を録音し続けて、そのいわゆるlo-fiな音質が魅力でもあるんですよね。

例えばこんな:


気がおかしくなっちゃった(I have lost my mind)」ドキュメンタリー「悪魔とダニエルジョンストン」より、絵も彼作です!



なんか、閉鎖的な、彼の心の中を覗き込むような、自分の中の懐かしいものを再発見するような・・・同じアルバムでもCDで聞いたら違うものがあるかも。

・・・彼が無名の頃から、手書きでカセットケースに表紙を描いたり(素晴らしいアウトサイダーアーティストでもあるんです!) 80年代のカセットケースのソフトカバーの感じ、もちろん音源の感じを再現したものがダニエルジョンストンのHPで売られているんですが、ちょっとお財布には痛い金額だったり汗

image.jpg

いつかはコレクションしたいけど、それまではユーチューブに彼のフルアルバムがアップされてるから、タブレットでアルバム流して、カセットプレーヤーの内部マイクをぴったり近くに置いて、そのまま録音してます笑 元々なんか彼の地下室の周りの雑音、テープ独特のちと質の悪い音源が味出してるわけだし、結果がちょっと音質悪くてもいい感じ♪


それと、例えば35分のアルバムで、45分録音できるテープだったら、余った時間彼のドキュメンタリの抜粋(「悪魔とダニエルジョンストン、是非観てね!同病者だったら、響くものがきっとあるはず)を加えちゃったり、彼の好きなビートルズの歌で締めちゃったり(以下参照)、自分でダニエルみたいに(彼は家族の声とか、色んな音源の材料を利用して歌を構成するのにほんと長けてる!) 自分のテープを作れるみたいな・・・そんな魅力がカセットレコーダーにあるかも!


ちなみにそのビートルズの歌 (That will be the day)もまだ無名の頃、音響が良いからかな?ポールの家の風呂場で録音したもので、私も今回風呂場でやった笑

はまるかもー!カセットワールドへのタイムスリップ。何よりダニエルのおかげ。単純に技術的な舞い戻りじゃなくて、うまく言えないけど、自分でカチッとカセット入れて、巻き戻す時間辛抱して、シンガーの歌う空間の雑音も含めたものとして歌に身を寄せて、そうゆうパーソナルなタッチを取り戻すことに期待を膨らますようです。

ではでは。(^o^)

りさ

image.jpg
posted by 徒然 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記