2017年05月18日

海辺と混合メルヘン

こんにちは

 海辺に行ってきました!体調が上がるとこういうことできていいなぁ。でもラミクタールを増量してから、少し混合が強くなってしまったみたいです。混合って、よく言われているけど具体的な定義ってあまり聞かないような気がします。私としては、うつ的混合とハイ的混合があって、前者は、うつ的な感情を躁的なエネルギーで出しちゃうこと(物を投げながら泣くとか。うつだったらそんなエネルギーないかも。)後者は、躁的な行動力あるんだけど、その行動がクレイジーというか。

 まあとにかく調子が悪い時に、自然の中に入ると目の保養にもなるけど心の保養にもなりますね。

 何というか、カフェとか、人に囲まれたり話すのが目的な場所ってストレスだったりするけど、自然の場だと人が周りにいるんだけど、皆貝を探したり、のんびりしていて、生物はいるけどあいつらは話しかけてこないし、笑 前に美術館のことで書いたように、何かに応えるプレッシャーはないし、でも一人って感じもしない。だって自然に色々な音とか静かな癒しがあってそれが話しかけてくるようで、でもそれを受け止めなさいと強制しないで、そんな包み込んでくれる和やかな空間というか。うまく言えん笑

 ただ私の場合、今は混合ハイなので、昔は特に、子供のようにではしゃいじゃったりします。シャボン玉で遊んだり、砂でお城作ったり・・・。

 今回もはしゃいだけど、もっと静かに癒しの時間を味わえたから、調子が安定したのかな、単純に大人になったのかな笑

 今回行った時に撮った写真と、昔海辺に行った時の写真を紹介したいと思います。はしゃぎレベルの比較にもなるかと笑







ocean1.JPG

 こんな感じでした。曇りで風も少し強かったけど、人が少ないのがより和やかで満喫できたかも。

ocean3.JPG

フォトウェディングやっていた人がいました!曇りでお気の毒だったかもしれないけど、そんなの関係なく幸せそうでしたな(*^^*)

ocean4.JPG

そして誰かが足跡で砂にハートマーク作っていたぞ。幸せそうな人が最近よく来たのかなこの海岸には笑

ocean5.JPG

潮が引いていた時間帯に言ったので、足場がドロドロでした。でも泥パックみたいにあったかくて、気持ちよかったな。

ocean6.JPG

ツルらしきやつがいたり。

ocean7.JPG

潮干狩りしている人も何人かいたけど、この親子はなんか長い貝(?)なめくじが殻に巻かれたようなやつ。
触らせてもらいました。ちょっとえぐかったw

ocean8.JPG
カニが巣を作った痕跡を発見!掘るときに多分外へぽいぽいだした砂の塊がその地道な作業を思い浮かばせて、なんだかいとおしかった

ocean9.JPG

生きたカニも発見!

ocean10.JPG

海辺、エリアルビューでしゃる。


oceanpic11.JPG

貝殻でお花のデザインを作っていた人もいたみたいで。海辺にいるとなんだかロマンチストな気分になっちゃうのかな。




さて、ここからは10年前に今以上に混合ハイの時に海辺に言った時の写真笑 ロマンチストなんて通り越して、ずいぶんぶっとんだメルヘンマインドになっていたな笑

oceanpic12.JPGoceanpic15.JPG

まず、風船にメッセージを書いて、それを海に投げていたな。そのメッセージが別の陸の誰かに届くんじゃないかという想いを込めて・・・(←ありえない笑)

oceanpic24.JPGoceanpic13.JPG

でもかなり流れましたよ!こういう発想は典型的な躁だと思う

oceanpic17.JPGoceanpic16.JPG

お決まりの砂のお城。あの頃はいつも何かしらのおもちゃ持ち歩いてた笑

oceanpic19.JPG

風船はほんといっつも持ち歩いていて、それでオブジェみたいのも作った。

oceanpic26.JPG

遠目から見るとこんな(あれ逆だ)

oceanpic22.JPG

粘土で雪だるま作るとか笑


oceanpic27.JPG

砂に字を書くとかは、普通にやりますよね。でも今回はここまで突拍子もないことしなかったなぁ。体調が落ち着くのはうれしい反面、こういう子供みたいなはしゃぎ方とか、メルヘンで創作的な発想を衝動的に行動に移さなくなったのは、ちょっと寂しいかも。

oceanpic14.JPG

どっちにしろ、自然探索はほんと病状にいいと思います!ではでは^^

りさ






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ディキンソンの詩を訳すC

エミリーディケンソンの詩を訳しています。 これは彼女の「自然」シリーズからです



-----------------------------------------------
NATURE rarer uses yellow 
Than another hue; 
Saves she all of that for sunsets,
Prodigal of blue,
Spending scarlet like a woman, 5
Yellow she affords 
Only scantly and selectly, 
Like a lover’s words.

母なる大地は他の色と比べ
黄色をまれに使う。
そのすべてを夕焼けのために取っておく。
青はふんだんに使い、
紅は女性のように費やす。
黄色は選び抜いて、ささやかにしか
与えない。
恋焦がれた者のささやく言葉のように。
----------------------------------------------------------

この詩は、ロマンチックすぎて、死ぬ笑
私も黄色は一番好きな色です。水木しげるが、戦地にいたつらい頃に、そこの先住民からもらったバナナがむちゃくちゃおいしかったらしく、私が見たドキュメンタリーの中で、何十年も経って初めて同じ場所に戻ってまた同じ種類のバナナをほおばっている彼の顔が、幸せそのもので、「そうか、黄色は幸せの色なんだ」と確信したんです。

でも、私のイメージした幸せな黄色は、すべてをいつも包み込んでくれるような色だったけど、そうじゃなくて、まさに夕焼けのように、包み込むのはそうだけれど、それは本質的に儚くて、だから美しても自然が決めた運命がままに去るような寂しさがあって。私の頭の勝手な連想反応で、ああ、幸せって、愛って、その一瞬一瞬をかみ締めないと逃してしまうような貴重なものなんだと感じて、胸が締め付けられました。

私たちにとっての、自然な幸せのあり方って、文字通り自然の構想を真似ているに過ぎない、母なる大地の偉大さ、自分の小ささも感じました。でもささやかな存在でも、いっぱい黄色に染まって生きたいな笑

りさ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記