2017年01月05日

抱負

自分は恥ずかしいくらい知らないことが多すぎる。経験も、知識も。
補うためには、社会の動き、障害者同士のつながりさえ削られていく現状を追い抜く勢いで学習と想像力が問われる。

ギャップはガチな衝突や向き合い方次第で同病者的な「同じ見地から」リスペクトし合う関係をつなぎとめることができるかもしれないけど、

何より、私は色んな、

特に自分の経験にない境遇の仲間から学ばないといけない。


「すべての躁うつ」のリスペクトを得るのは生半可なことじゃない。


しかし自分に痛いぐらい「すべての躁うつ」の現状を突きつけられること

私は目を背けたくない。


だって死んでも偽善者にはなりたくない。筋を通して生きる。


今年の抱負。

りさ

posted by 徒然 at 02:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
う〜〜、躁ウツ人生を、奥の奥まで極めたい、という、
大変な「今年の抱負」だぁ〜〜
今年一年では、成し遂げるのは難しいぞw!!

ま、取りあえず、三毛ニャンみたいな、いい加減な
躁ウツ猫もいるのを、ぜひ直接会って、知って欲しいニャン
Posted by 三毛ニャン at 2017年01月05日 04:53
今年一年では、難しいですね笑

ずっとカプセルの中に生きてきたような私の躁うつ人生なので、とりあえず今年できる分だけ、深く広く、目の前の同病者から学びたいな。

でもそれって大変なことだなとハタッと思いまして、よし、活入れよう!と書いた次第です。

ぜひ、三毛ニャンのような猫科の躁うつ人生を知りたいなぁ。私ハムスター科とはまた違うでしょう!

それ以前に、うん、普通にお会いしたいです^^!!その日を心待ちにしてます。


りさ
Posted by りさ at 2017年01月05日 11:34
明けましておめでとうございます。今年が貴殿にとって、有意義な一年になりますよう、祈ります。ご主人にもよろしく。私的なことですが、3月いっぱいで、今編集長をしている出版社の契約が切れます。遺留をされたのですが、どうしても今、書いておきたい本があって、4月以降は福島の実家に戻ります。とはいっても、東京でないと会えない人も多く、しばらくは、福島と東京の行ったり来たりになりそうです。貴会の発展を祈ります。
Posted by 熱海芳弘 at 2017年01月05日 21:49
熱海さんへ

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

熱海さんが躁うつ病を乗り越えて、2017年から輝かしい未来を開かれることを心から祈念しております。

それにしても、福島が帰られる前に一度東京でお会いしたいものだと考えております。

本年もよろしくお願いします。

エルダー

Posted by エルダー at 2017年01月07日 00:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178282062
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック