2017年01月29日

共同するハムスターと孤独なわたし

おはようございます。

しかし本当に変な寝方をするのが好きですなぁ笑

FIMG_0819.JPG



BIMG_0812.JPG



昨日は家族(叔母・父)の散歩がてら、赤ちゃん・母グリの住む小屋の上に乗っけてみました。

marthadaddyoncage.jpg


あと二週間ぐらい経ったら、女の子と男の子同士だって意識が芽生えだすのもあるし、今までちょっと対面させて来た感じ、オス同士(及び大人と子供同士)でも喧嘩はしないで共存ムードなので、

小屋を分けるのを今から考えています。それをどうやってやろうか。

うちには小屋が五つあって、あと砂場としての

paintIMG_0189.jpg

こちら。

で、うちにはハムスターが
赤ちゃん11匹+長男1匹(マルコ)+大人三匹いて(ダディ父、グリ母、マーサ叔母)

今んとこだし、喧嘩など本当にないのを慎重に検証しながらだけど、

小屋一つ+トンネルで砂場をつなげたもの ダディとマーサ同居(もともといい名づけだったので←グリは言ってみればダディのセカンドワイフw、マーサはもう子供が産めない年齢だしそういう点で問題ないし、一番仲良しな二匹なので大丈夫)


赤ちゃんたちはオスとメスと分けて、今識別した感じ、オスの方が圧倒的に多いので、

小屋二つ+トンネルでつなげて二世帯住宅= オス赤ちゃんたち6匹以上+長男マルコ1匹

小屋一つ= メス赤ちゃん3~4匹 これは狭いからかわいそうなので後でもう一つ例の砂場を購入してトンネルでつなげる

小屋一つ= 母のグリ。オスってとても温厚だから同居しても(ボス的存在がいない限り)共存かなりできけど、メスは喧嘩っぱやいので、自分の子供と言えどちょっと大きくなったら、メス小屋に入れたら喧嘩する可能性があるので、ひとまず一人暮らし。

グリとメス赤ちゃんたちをできるだけ散歩とかでおたがいの存在に慣れさせつつ、小屋をもう一つ購入して、トンネルでつなげて二世帯住宅にするのが理想。

だからうちには二週間後には計6つの小屋になるってことかぁ汗 

あとできたら今小屋をトンネルでつなげられる、ハムスター用のWILD社の小屋を使っているけど、

WILDハムスター小屋.jpg

そのうさぎ版があるので

WILDうさぎ小屋.jpg

(これはトンネルを付けられないタイプの画像だけど、トンネル

トンネル.jpg

つけられるタイプもあるので)

に変えて、大人ハム15匹でものびのびなスペースにしたいとも考える。お財布との相談もあるけど苦笑



もちろんその間、うちの子気に入ってくれて、

大事にしてくれる里親さん・・

というのも考えつつだけど。



 ハムスターは一匹で行動して生きるってよく言われるけど、実は砂漠の砂の下でアリの巣みたいにトンネルをいっぱい作って、家族として少なくとも子供+お母さんって関係までは共存して生きていたんだよね。一匹っていうのは要するに他の巣のハムスターたちとは、砂漠で遠いとこにあるわけだし、交流がないということだと思う。

 それを人間が飼うハムスターとして、人間が意識的により共同したあり方に暮らし方にすれば、ハムスターは一匹飼いの方がストレスがない、一番自然に近い状態って言われているけど、むしろ一匹で住んで、たまに散歩するってロンリーな生活より、家族と一緒に暮らして、一緒にご飯を食べて、一緒に散歩して、一緒に寝れることが幸せなんじゃないかな。

 それは飼い主が、ハムスターが喧嘩しないように、家族間で無責任に子供ができちゃわないようにとか、気を付けながら、慣らしてあげてなんぼの話しだけど、私はユーチューブのあるハムスター師匠に影響されてそれを目指しはじめていたりする笑

 ハイだからかなぁ。でも孤独で、共同性を切望する一躁うつ病者としても、ハムスターを通してでも共同性を実現できないかなと感じているとこがあるのです。

りさ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ












にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178581177
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック