2017年05月16日

ディキンソンの詩を訳す@

こんばんは

 少し体調が上がってきたので、普段とは少し違う記事を書いてみようと思います。エミリーディキンソンという詩人の詩を訳してみました。

 というか、以前に訳してためていたものをちょっとずつ紹介する感じです。今回は三つぐらいやっちゃおうかな。朗読の動画も添えてみました!←セーブしなはれ笑

 ディキンソンは生涯ひきこもりだったそうで、物理的に色んなところに行ったりしなくても内面の世界を広げられるんだなと希望をもらえる詩人です。

 というか、大きい世界から遮断された、時には孤独でうつうつとした場所から物事を感じ書いているからこそ、そのつらさを癒してくれる素朴な美しさとか、その孤立を強いた外の世界への問題意識など抱けるのかもしれません。それをぐちゃぐちゃ私みたいに長々書くのではなく、短い文章で遊び心いっぱいに書いているのも魅力的です。そんな意識高めなひきこもりマインドに身を寄せ、憧れ、惹かれるものがあるのかもしれません。


 こちらのサイトから詩をピックアップしています:http://www.bartleby.com/113/

 「人生」「自然」「愛」「時と永遠」「孤独」などのジャンルに分かれています。

 まずは、「人生」シリーズからの「Our share of night to bear」です。



――
OUR share of night to bear, 
Our share of morning, 
Our blank in bliss to fill, 
Our blank in scorning.
Here a star, and there a star, 
Some lose their way. 
Here a mist, and there a mist, 
Afterwards- day!

共に耐え忍ぶ夜を分かち
共に朝を分かち
共に幸せで空(くう)を満たす
共に拒絶し合い殻になる
あそこに星、ほらあそこにも
道を見失うものも。
あそこに霧、ほらあそこにも
そしていずれ、朝来る!
―――
 英語の詩って二重の意味が多いから、それを訳すのは難解です汗

 この詩は直訳としては「恋人たち」、もしかしてもっと広い意味では世界の誰であれ、色んな困難(夜)を、おたがいの存在を持ってなんとか明るい兆し(朝来る!)が見えるまで乗り越えてこう、という感じだと思います。

 タイトルからして「Our share of night to bear」のshareが二重の意味のようです。まず、一緒に夜を「分かち合う」(shareする)からこそつらさを耐えられるねって暖かいなニュアンス。

 例えば、「Our blank in bliss to fill」は「共に幸せで空(くう)を満たす」って訳したけれど、おたがいの存在だけで十分だから、何も(blank)なくても、幸せ(bliss)だね。その上で、色んな思い出と愛情で空(blank)を満たして(fill)いこうね!みたいな。

 もう一つのニュアンスは、朝という展望が開かれるまで、おたがいを支え合いながら、一人一人につらさを背負う責任が「割り当て」(share)されていることを忘れちゃダメよ、というディキンソンの忠告のようにも感じます。

 空の動きと壮大なテーマを取り上げているのに、シンプルでかわいらしくて好きな詩です。


                                             りさ






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179767042
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック