2017年05月16日

ディキンソンの詩を訳すA

※「ディキンソンの詩を訳す@」の記事をまず読んでね!


――
WILL there really be a morning?
Is there such a thing as day?
Could I see it from the mountains
If I were as tall as they?

Has it feet like water-lilies? 5
Has it feathers like a bird?
Is it brought from famous countries
Of which I have never heard?

Oh, some scholar! Oh, some sailor!
Oh, some wise man from the skies! 10
Please to tell a little pilgrim
Where the place called morning lies!


朝は本当に来るものなの?
夜は明けることはあるの?
彼らほど背が高ければ、
山から見えるの?

睡蓮のような足をしているの?
鳥のような羽が生えているの?
私の存知ない名高い国々から
連れて来られたの?

ああ、どこかの学者さん!ああ、どこかの水兵さん!
ああ、空の彼方におられる聡明なお方!
この取るに足らない迷い人に
朝と言う名の場所がどこに潜むか、教えて下さい!
--------------------------------------------------------------------------------
これは彼女の「自然」シリーズからです。

 先ほどの「our share of night to bear」のように朝がテーマですが、こちらは朝(希望の兆し)が来る!と核心的な想いとは裏腹に、本当に来るのかな?と夜という終わりが見えないつらさが晴れることに絶望しているようです。

 希望が一体何なのか、触れたことがないから是非知りたいと色んな質問を投げかけていて、朝?何それ?食べ物?みたいにあまりにもつらくて希望が未知な存在に心から感じるんでしょうけど、

 足がついた睡蓮とか、ああ、学者さん!なんて、絶望の渦中にいるわりにはあまりに文章のトーンが滑稽で、自分の哀れな状態を笑い飛ばす余裕まであるんじゃないかしら、と思えるぐらいです。

 私もうつのドツボにはまった時とかにでも、というかそういう絶望こそ、笑い飛ばせる人間になりたいな。

 りさ







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179767056
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック