2017年05月22日

ディキンソンの詩を訳すE




エミリーディキンソンの詩を訳しています。
http://www.bartleby.com/113/


Love is anterior to life,
Posterior to death,
Initial of creation, and
The exponent of breath.
  
愛とは命の始まりを先立ち、
命が尽きる時を超え残る。
創造の第一声であり、
呼吸を重ねる理由でもある。
--------------------
これは彼女の「愛」シリーズからです。

この詩の意味はほとんど自明だと思いますが、愛が、想像を超えた範囲と壮大さで、私たちのすべてにまつわることを包み込んでいるということかなと思います。

「共に耐え忍ぶ夜を分かち」のように、二重の意味が多くて、どちらの意味合いをも訳に盛り込むとごちゃごちゃするので、選ぶのに悩んでしまいました。

例えば「第一声」は "initial" の訳なのですが、「initial」は最初の・本来のって意味のほかに、「頭文字」って意味もあって、創造のいろは、というか、生きること、生命の創造という一言では語れないものの核心をそのすべての以前から突いている、って意味も込められていると思うんです。

「exponent」は「(なぜ呼吸するかの)説明者」って意味も普通にあって、「理由」と改訳しましたが、指数(同じ数字を指定された数の分だけ掛算する、だったかな汗)という意味でもあって、愛は、生きた年数ほど呼吸を激しくさせる=生きる実感を感じさせるって意味も込められていると思うんです。

一つのシンプルなフレーズに真理を凝縮した、宝石のような詩だと思います。

りさ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by 徒然 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179823701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック