2013年02月23日

心配ないさ

こんばんは。
今日はとくに話題がないので、私の大大好きなボブディランの歌を訳してアップしたいと思います。
彼の歌は詩に近いので、本来の歌詞にまったく及びません&満足に再現できていませんが、訳すことによって意味も振り返れるかな&みなさんとシェアできたらなと思いました。

この歌「It's Alright, Ma (I'm Only Bleeding)」は世界の浅はかさを皮肉に歌いながら、それでも心配ないさ、そんなの超えて生きていけるぜと歌っているようです。多分w 私が一番最初に聞いたボブディランの曲です。

というか、オリジナルの歌を聴いてほしいです!!11分ぐらいなのですが、瞑想状態みたいになって、うっとりと全部聞いてしまいます。
ライブバージョンがあったので載せます:

http://www.dailymotion.com/video/xpoc70_it-s-alright-ma-i-m-only-bleeding-bob-dylan_music

−りさ

心配ないさ(血を流しているだけだから)


太陽が出る瞬間の暗闇
影、銀のスプーンまでも
手作りの刃、子供の風船
日食も、そして月食も
理解するにはまだ早すぎて
挑もうとするのもまた無謀


突き付けられる脅しは、騙し嘲る
自ら命を絶つという宣言も破り捨てられ
愚か者の金のマウスピースの先の
底なしのホルンは、無駄な言葉を鳴らし、
忠告することになる
生まれるのに忙しくない者は死ぬのに忙しいことを


誘惑の章がドアから飛び出し
ついていったあなたは戦争に導かれる
滝のような同情が叫ぶのを目の当たりにし、
うめきたいと感じるが、今までとは違い
あなたは泣く多くの人々のただ一人であったことに
気づく


だから異質な音を耳元に、
聞いても怖がらなくていい、
心配しないさ(ため息をついているだけだから)


寂れた勝利、何らかの墜落
処刑されるべき人々を這うように歩かせ続け、と
呼びかける者に
個人的な理由、大なり小なりが
目に移る
一方でそれ以外の者は憎しみ以外すべては
嫌わないと言う


幻滅した言葉は弾のように吠えながらも
神を装った人間は狙いを定める
きらきら光るおもちゃの銃から
暗闇で発光する肌色のイエスまで何でも作る
あまり遠くを見なくても簡単に分かる
大抵なものは神聖でないということを


牧師が悪の定めについて説教しながら
教師が知は忍耐をもつことを教える
これらは100ドル記念皿の製品化につながる
善は門を開けずに隠れる
しかしアメリカの大統領だって
たまには裸のまま立つ必要があるんだ
 
そして暗黙のルールたちは記憶にこびりつくが
人のゲームをすり抜けられれば、それでいいんだ
心配ないさ、僕は持ちこたえる



宣伝の看板はペテンに
あなたが主人公だと思い込ませる
今まで成し遂げられてこなかったことをやれると
今まで勝利されてこなかった勝負に勝つと
その間、時間は無関心に過ぎる
あなたの周りすべてにおいて


あなたは自分を失い、自分を取り戻す
いきなり何も恐れることはないことに気づく
誰もいないところで一人そびえ立つ
よく聞こえないのだが、震える声が遠くから
あなたの眠たい耳を驚かせ、聞かせる
誰かがあなたを本当に見つけたんだということを


一つの疑問があなたの神経を灯す
しかしあなたは当てはまる答えがないことを知る
満足できる答え
あなたが前へ進み続けると保障する答え
あなたを所有するのは
彼でなく彼女でなく彼らでなくそれでもない
ということを頭に置き、忘れさせない答え


賢者たちのためにも愚か者のためにも
支配する者がルールを作るのだが、
僕が尊敬し従えるものは何もない


どんな次元においても尊敬しない
権力に、従わなけれいけない者は
自分の仕事を嫌い、運命を嫌い
自由な者を羨む話をし
ただ単に投資物になるために
自分の花花を育てていく


その間道義をもった高潔な者たちは
パーティの会場で洗礼を受け
けばい装いに包まれた社交クラブにコネを持ち
外部の人間を自由に批判できる
誰を崇拝すべきか以外の話題は持ち上がらないまま
最後に「神の祝福がありますように」と吐く


その間舌が燃えながら歌う奴は
ネズミ競争の合唱の中に溺れる
社会のペンチによって歪められ
これ以上、上に昇ることを求めるよりは
あなたを彼がいる穴に落とし込むことを
望む
 

しかし私は地下に住むものたちには
害も不運も望まない
心配ないさ、彼を喜ばせられなくても



老女はカップルを批評する
セックスが限定された彼ら、偽のモラル
屈辱と批判的な眼差しを押し付ける
お金は物を言うどころか、ののしる
ワイセツなんてほんとは、誰が心底気にする
プロパガンダ、すべていんちき

自分が目の当りにすることを擁護できない者たちは
死に底のプライドを持ち、身の安全を願う
いずれ自覚が追い付くだろう
自分には、死の正直さが自然と降りかからないと
信じるものにも
時に孤独にならないといけないことを

私の目に真正面から直撃する
いっぱいの墓場、偽の神、私はあざ笑う
尊さがいかに荒っぽく遊ぶことを
手錠をかけながら逆立ちで歩く
足で蹴り飛ばしそれを投げ払い
私は言う「わかった、もうたくさんだ。ほかに見れるものはないか?」と


そしてもしも私の思想・夢が見られたら
彼らは私の頭をギロチンにかけるだろう
心配ないさ、人生は、人生に過ぎないんだから



It's Alright, Ma(I'm Only Bleeding)
 Bob Dylan

Darkness at the break of noon
Shadows even the silver spoon
The handmade blade, the child’s balloon
Eclipses both the sun and moon
To understand you know too soon
There is no sense in trying


Pointed threats, they bluff with scorn
Suicide remarks are torn
From the fool’s gold mouthpiece the hollow horn
Plays wasted words, proves to warn
That he not busy being born is busy dying


Temptation’s page flies out the door
You follow, find yourself at war
Watch waterfalls of pity roar
You feel to moan but unlike before
You discover that you’d just be one more
Person crying


So don’t fear if you hear
A foreign sound to your ear
It’s alright, Ma, I’m only sighing


As some warn victory, some downfall
Private reasons great or small
Can be seen in the eyes of those that call
To make all that should be killed to crawl
While others say don’t hate nothing at all
Except hatred


Disillusioned words like bullets bark
As human gods aim for their mark
Make everything from toy guns that spark
To flesh-colored Christs that glow in the dark
It’s easy to see without looking too far
That not much is really sacred


While preachers preach of evil fates
Teachers teach that knowledge waits
Can lead to hundred-dollar plates
Goodness hides behind its gates
But even the president of the United States
Sometimes must have to stand naked


An’ though the rules of the road have been lodged
It’s only people’s games that you got to dodge
And it’s alright, Ma, I can make it


Advertising signs they con
You into thinking you’re the one
That can do what’s never been done
That can win what’s never been won
Meantime life outside goes on
All around you


You lose yourself, you reappear
You suddenly find you got nothing to fear
Alone you stand with nobody near
When a trembling distant voice, unclear
Startles your sleeping ears to hear
That somebody thinks they really found you


A question in your nerves is lit
Yet you know there is no answer fit
To satisfy, insure you not to quit
To keep it in your mind and not forget
That it is not he or she or them or it
That you belong to


Although the masters make the rules
For the wise men and the fools
I got nothing, Ma, to live up to


For them that must obey authority
That they do not respect in any degree
Who despise their jobs, their destinies
Speak jealously of them that are free
Cultivate their flowers to be
Nothing more than something they invest in


While some on principles baptized
To strict party platform ties
Social clubs in drag disguise
Outsiders they can freely criticize
Tell nothing except who to idolize
And then say God bless him


While one who sings with his tongue on fire
Gargles in the rat race choir
Bent out of shape from society’s pliers
Cares not to come up any higher
But rather get you down in the hole
That he’s in


But I mean no harm nor put fault
On anyone that lives in a vault
But it’s alright, Ma, if I can’t please him


Old lady judges watch people in pairs
Limited in sex, they dare
To push fake morals, insult and stare
While money doesn’t talk, it swears
Obscenity, who really cares
Propaganda, all is phony

While them that defend what they cannot see
With a killer’s pride, security
It blows the minds most bitterly
For them that think death’s honesty
Won’t fall upon them naturally
Life sometimes must get lonely


My eyes collide head-on with stuffed
Graveyards, false gods, I scuff
At pettiness which plays so rough
Walk upside-down inside handcuffs
Kick my legs to crash it off
Say okay, I have had enough, what else can you show me?


And if my thought-dreams could be seen
They’d probably put my head in a guillotine
But it’s alright, Ma, it’s life, and life only


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ



 

posted by 徒然 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62811865
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック